CALENDER
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



タイガース林檎食べた
 デイリースポーツのプレゼントでまたまた、妻が当ててくました。タイガースマーク入りの林檎。
 
  これ、おいしかった。本当は優勝して味わいたかったんだけど、今年は林檎だけでなく、タイガースも甘かったってことなんだよなぁ。 


 さて、秋季キャンプも打ち上げ間近。
 今年は、それなりに長時間に渡って、厳しさを打ち出したキャンプだったようだが、実際はどうなのかね。
 他球団が見て、タイガースは厳しいキャンプを送って来たって言われるくらいのものだったのかな?
 
 和田新監督が金本やベテランに遠慮しないでものを言い、若手に厳しく指導できるか。
 これが来季のタイガースの課題やからなぁ。
 その辺のおとは、また後日。っていつやねん。(笑)

 日本シリーズも終わった事だし、後はアジアシリーズやね。
 来季の展望含めて、後日また書かせてもらいます。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(0) | - |
5−4 対中日 いつもの展開も逃げ切って見せる
 なんで中日戦はこういう展開になるんだろうか。
 5点を挙げて、それまでの久保のピッチングから楽勝ムードが漂い始めたはずなのに、無死から谷繁に打たれ、荒木に2ベースで、1死2、3塁になったあたりから雲行きが怪しくなる。
 ここで1点もやりたくないという久保の心理が、井端のショートゴロのの間の1失点で大きく揺らいだ。
 これがそこからの連打と俊介の拙い守備で2失点を呼び、俄に緊張感をましてきた。

 中日戦の展開はいちもそうだ。
 楽勝ムードを、ちょっと追いかけられると、それが大きなプレッシャーとなる。そうしてそれが、次の失点に繋がり、いつの間にか相手の射程距離に入り、最後にうっちゃられる。
 今年、違っていたのはKKKの3人が揃っている事。
 これで、渡辺を1イニング前から投入できる。
 だから、追い上げられても、追いつかれることはない。そういう多少の余裕みたいのが大きい。

 結局、最後に球児が1発を食らいつつも1点差を逃げ切った。
 苦手ナゴドの初戦を獲ったのは大きいねぇ。グッドジョブ!

 さて、今日の試合で金本の連続試合出場が1766試合でストップする事になった。
 これが、意図した物か、金本自身で申し出た物か、はたまたベンチのちょんぼかは知る由もない。
 ただ、記録だけの為に無意味に入り続けてきたのでは意味が無い記録だ。
 それは、金本自身が一番わかっているはずだし。
 間接的な要因となった俊介を我々もとやかく言うまい。俊介が気にしない事を祈るのみなんだが・・・・。

 明日は、もう一丁今年のタイガースは違うぞ!ってとこを見せて、ナゴドの苦手意識を払拭したいところだね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(1) | - |
7―3 対東北楽天 「カワギッシの屈辱」を晴らす
 昨日の気迫全開の川岸のヒーローインタビュー。
 言わんでいいことまで言ってしまったようだ。「敬遠のサインを、勝負させてくれと言った。」とかで、桧山を抑えヒーローになった。
 本人は、アドネラニン出まくりで、興奮してのインタビューだからしょうがなかったのかも知れんが、これを聞かされたタイガースナインはたまったもんじゃない。
 「この屈辱を、今日の試合で晴らさでおくべきか。」こう思ったに違いない。

 今日の試合は、昨日と一緒。
 ポンと点を取ったタイガースは、その後は例の淡々ムードで回が進む。
 イーグルスは、ひつこく食い下がり、終盤で追いつくという展開に持ち込んだ。
 8回の表にタイガースが、1死満塁のチャンスを、例によって「満塁嫌い症候群」で無得点に終わると、その裏、昨日のヒーローの鉄平が再びタイムリーで逆転。
 ここまでは、完璧なイーグルスペース。
 こりゃ、連敗するな。っと思って不思議じゃなかった。

 ところが、最終回の抑えのマウンドに、川岸が上がると、違った。
 それまで、闘志の欠片も見せることのなかった、タイガースナインに闘志の火をつけた格好になった。
 粘って四球を選んだトリに代走の大和を送る。
 この大和が、昨日の川岸に対抗するような気迫・気力を見せる盗塁を果敢に決める。
 この場面で盗塁することができた大和は、完全に一皮向けた。もう、押しもおされぬ1軍の戦力となった。

 この後、平野のバントが、内野安打となる。
 この平野が、すぐに盗塁しないのが不満。
 無死1,2塁で井、2塁間を広く開ける効用はあるのは分かるが、まずゲッツーをなくし、逆転のランナーを得点圏に送り、プレッシャーをかける効用のほうがはるかに大きいと思うのだが・・・。
 よほど、平野の盗塁技術を疑われているのではないだろうか。ちょっと、もどかしい思いがする。

 マートンが倒れるが、金本がライト前に同点タイムリー。
 新井が犠牲フライで逆転。
 ブラゼルがあわやフェンスオーバーのシングルヒットの後、ランナー一掃の3ランを城島が放つ。
 昨日のヒーロー川岸が木っ端微塵に砕け散った。
 この攻撃は、すべからく昨日の川岸本人のヒーローインタビューに起因している。
 まさに、天国から地獄の2日間だったろう。

 これで、北海道・仙台の北の遠征を3勝1敗で乗り切った。
 後は、甲子園でオリックス・ソフトバンクと4連戦。
 ここも勝ち越して乗り切りたいよね。
 なんとか、交流戦を5割で乗り切りたい。
 そのためには、岡田さんに借りを返さんとね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(0) | - |
5-1 対横浜 雨を見たかい
 I want to know, have you ever seen the rain?
 CCRの名曲を知っているかい?(CCBじゃ、ないよ。クリーンデス・クリアウォーター・リバイバルだよ。)

 雨が上がれば、日が降り注ぐ、つまり♪人生らくありゃ、苦もあるさ♪っていうやつ。(チョット、違ったかな・・・)
 つまり、雨を見たことがなければ、雨上がりの日差しの素晴らしさはわからないっていう意味だったと思うよ。
 アッチも、昨年雨の中、散々な目に遭って、今日がある。
 小雨降る中のマウンド。
 きっと昨年のよからぬことが頭を過ぎっただろう。
 そんな中、昨日2イニングを投げたアッチの連投があるとは思わなかった。

 新監督も10試合でいろいろ学習したことだろう。
 継投のタイミング、状況。
 できれば回の頭からが良いこと。Pの打順の回りに左右されてはタイミングを誤ること。
 今日の安藤はよく7回まで持った。
 前回の足の捻挫(?)の影響もあり、さすがに完投までは望まなかった。
 7回でお役ゴメンで、すっぱりとアッチへリレー。
 真弓監督は、昨年の雨の日のアッチを見ていなかったのだろうか。

 バッター左の佐伯でジェフへスイッチ。
 最後は江草で3者三振で締めた。
 この辺の早めの切り替え、特にランナーを出す前に、先へ先へ継投の手を打つ。
 まぁ、ここがタイガースの後ろの層の厚さを見せる一番の方法なんだけどね。
 これも、序盤10試合の経験、つまり雨を見たからなんだろう。
 さぁ、後は雨上がりの日差しが見たいね。
 そりゃ、暖かい日差しが降り注いでくれるんだろうね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(0) | - |
今年ゲットした宝物
 今年のタイガースは、残念無念。。
 ただし、妻の懸賞運はなかなかで、今年もタイガースグッズを射止めてくれました。
 
 ということで、またまた、ここで今年ゲットしたお宝(?)を紹介させてください。
 
 デイリースポーツのプレゼントでまたまた、妻が当ててくました。金本・新井の兄弟DVD「猛虎の魂」。
 このDVD、なかなか感動させてくれます。これに「優勝」の華が添えられていれば完璧なんだけど・・・。2000本&1000本安打おめでとう、ってことで。 


 こちら今年発売された「金本コーヒー」。本当は「リーグ優勝」で1本、「CS制覇」で1本、「日本シリーズ制覇」で1本、と飲む計画を立てていた。したがってまだ、飲めずに飾ってある、悲しい状態だ。


 そして、これが当選ホヤホヤの「トラッキーのフィギュア」。大人気なく、これ欲しかったんですよ。結構リアルにいろんなポーズが作れるし、フィギュアとしての完成度も高いし。これはサンテレビの「熱血!タイガース党」でのプレゼント。

 「熱血!タイガース党」はCATVのスカイAスポーツプラス(月曜日放映)で視聴しているもんだから、締め切りが(火)に設定されているから、大変忙しい。(消印有効)。代わりに応募してくれる妻には感謝。でも懸賞運は圧倒的に寅吉より強いもの。
 本人は新井大選手のファンで、新井グッズが欲しくて、いろいろ応募しているが、こちらの方はまだ成果を見ていない。がんばれ!

 今はストーブリーグで、この手のプレゼント企画も増える傾向。
 これからも諦めず参戦していきます。

 さて、タイガースはどうなるか?
 金本と共にトリがベストナイン受賞。おめでとう。
 来年は、もっとと多くの選手が選ばれるようがんばれ。
 そして、ベイの三浦はどうするのだろう。
 来たら来たで、人的補償も気になるところだし、そういえばヤスが戻ってくるみたいですね・・・・、育成枠で?
 いろいろ注目するところは、まだまだありますね。
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(0) | - |
5−6 対読売 久保田の勘違い
 今季の始まる前、久保田がインタビューで昨年かけていた点での安定感を挙げて、制球力を重視することを言っていた。
 これを聞いた時に、「危険だ。」と感じた。

 確かに、ジェフ・球児にくらべて防御率で見劣りした昨年ではあったが、久保田の持ち味は発揮できたシーズンだと思った。
 しかし、より安定感を求めるため、細かい制球力に眼を向けたと言うことなんだろう。
 しかし、それは制球力を重視するあまり、思い切りを削ぐことになりかねない。
 重い速球を、ズッド〜ンと投げ込む迫力、その勢いに押されて凡打に討ち取る、それが久保田の持ち味。
 それを、丁寧にコーナーへという意識で失ってしまっては、痛打を食うのも分かるというものだ。
 もう一度、自分の持ち味、武器を考え直して欲しい。

 逆に江草は、あれでいいんだよね。
 細かいこと考えず、自分のペースでポンポンと投げ込んでいく。
 ワイルドピッチになろうが、打たれようが、それはその時のことだから、また明日は明日で、いつも通り、ポンポンとだね。
 いいよ、それが江草の持ち味だし武器だもの。

 あとは、ここ一番の逃げ切りを図るときのキャッチャーは、どうしても矢野のほうが良い気がする。
 特に、久保田・藤川は矢野のほうが数段投げやすそうだ。
 オリンピック期間を考えて、野口の起用はありだが、相性も考えてこの2人には、ここ一番での矢野のキャッチャーを勧めたい。お願い。
 きっと、久保田も他の答を見つけられると思うよ。

 さて、試練の9連戦の内、強敵D・Gに対して4勝2敗は上出来だよね。
 あとは、ほっとして横浜戦に手抜きがでないよう、今季連敗はしないってことをモチベーションに横浜戦を戦ってくれることを祈るのみだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(0) | - |
ぐぁんばれ!杉山
   すごいよ、今度は杉山に流れが来ている。 と言っても、妻の懸賞運なんだけど・・・・。
 またまた、お宝をゲッツしてしまった。
 デイリースポーツ(またまただけど・・・)のシーズン終了の企画で、虎戦士27人の生写真に直筆サインをいれてプレゼンという企画に、杉山投手で応募。見事当選でした。

 これ、誰で応募しようか迷ったんですよ。
 新聞には応募券が着いていたんだけど、1枚で1人しか応募できないものだから・・・・・。(余計に新聞買えばって、言いっこなしで・・・)
 
 今年限りの井川(かってTシャツやサインを当てている。)、猛虎のアニキ金本(やはり、サイン色紙と世界記録達成新聞にサインを当てている。)など縁がありそうな選手。
 背番号22(寅吉はこの背番号は無条件応援ですので)の藤川。
 いずれも人気が高そうだと思われる。
 いっそ穴狙いで、野口とか・・・・・(失礼。でも結構その存在は買っているので・・・)いろいろ考えたよ。

 その時、前回杉山のサイン入りCAPとリストバンドが当たったことを思い出す。今は、杉山に縁がある気がする。
 妻も杉山がお気に入りだし・・・・。
 キャップとリストバンドの背景に生写真を置いて飾ったらいいかもしれない。頭の中に、そうやって飾ってるのを想像した。

 今年杉山は、実質2年目のジンクスってやつか、出遅れ苦労した。
 もう少し前に杉山が出てきたらって、思わないわけじゃないけど・・・・。
 それでも、対戦相手が「藤川のストレートもそうだけど、杉山のストレートも凄い」と言わせるできの物を持っているんだ。
 自信を持てば、ガラリと変わる要素は持っている。
 井川が抜ける中、藤川からも同学年の杉山にがんばって欲しいと言うエールも送られている。
 実際、杉山がある意味井川の穴を埋めるほどの活躍を示さなければ、V奪回も無いだろう。

 今、流れは杉山に来ている。
 背番号18に違わぬ存在になってくれるよう、応援するぞ!
 
 ぐぁんばれ!杉山
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(0) | trackbacks(2) |
杉山のCAPに当選!
 今日は、試合が中止。
 う〜ん、昨日勝っていれば、この中止もよい中止になったんだろうけど・・・・・。
 あとは、他力本願。がんばれ、横浜、広島。読売もヤクルトも最後まで盛り上げるため奮闘してくれ!
 
 ということで、またまた、ここで少し自慢げにお宝を紹介させてください。
 デイリースポーツのプレゼントでまたまた、妻が当ててくました。杉山投手の直筆サイン入りキャップとリストバンドです。
 このところ毎週日曜日の紙面で、選手が使用したグッズにサインを入れてプレゼントという企画が行われていた。
 鳥谷のバット、林のバッティンググローブ、藤川のキャップ、などなど・・・・。

 懸賞運の強い妻にお願いして、毎週参戦してきた。(おかげで日曜日のデイリーは、タイガースの勝ち負けにとらわれず買うことのなってしまった。)
 そして、とうとう当選の報が届いた。杉山は寅吉の期待の投手だし、妻も「結構可愛いね!人が良さそう。」(あまり人が良いとPとしては、不安だが・・・)と好感を抱いてた選手だ。

  しかし、これが届いた時がまた傑作。
 多分名古屋遠征で、杉山投手いただいたのだろう。泊まってるだろうホテルのランドリーバックに入れられて、それをデイリーの封筒に入れて送られてきた。
 この包みを開いたとき、そことなくかぐわしき匂いが・・・・・。きっと杉山投手の汗と涙の香りなんだろうが、ランドリーバックに密封されて送られてきたものだから、その香りまで見事に送られてきました。
 でも、それが実際杉山投手が身に着けて戦った証でもあり、このキャップが杉山投手のものであることを証明することになっていると思うと、結構感激したりしてね!
  今年は、実質2年目のジンクスとでも言おうか、出だしに失敗し大きく出遅れはしたが、ここに来ての貢献は目を見張るものがある。
 他球団の選手に「杉山のストレートは凄い」と言わしめるだけのものを持ってるPだ。同級生の藤川のごとく大化けが期待できる。
 来年は、ローテの軸として投げる姿を描いているんだから、たのむぞ杉山!

 結局最後まで、諦めきれず応援し続けることになりそうだ。
 他力本願はつらいけど、それもタイガース自信が勝ち続けなければ、願う資格すら失ってしまう。
 「果報は寝て待て」なんて言っちゃいられない。「果報は、勝ち続けなければやってこない。」
 
 さぁ、今一度気を取り直し、諦めない姿を見せてくれ。
 ぐぁんばれ!タイガース 
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(0) | trackbacks(2) |
鉄人の証(サイン)
 昨日、ここで金本選手の怪我をおしてのHRに、鉄人の証という記事を書いた。
 だからと、言うわけじゃないだろうが、今日我が家に、鉄人の証が届いた。って、金本選手の直筆サイン色紙のことなんだけどね。
   デイリースポーツのオールスター戦期間中の企画で、金本選手の直筆サインを5名にプレゼントというもの。
 同じく日にち違いで、浜中、藤川のサインプレゼント企画をやってました。その中の、金本選手の回に見事当選です!

 まったく、妻の懸賞運には、驚くばかりです。
 最初は、井川選手の関連に縁があり、現在は金本選手に縁があるようです。思えば、あの世界記録達成の新聞紙面にサインをしたお宝もゲットしました。
 ありがとう!デイリースポーツ

 さて、金本選手の怪我の状態は、どうなのでしょうか?
 関節がずれたとか、靭帯の打撲とか、普通試合に出てなんていられんだろうに・・・・・。
 詳しい状態は、入ってこない。
 明日の試合に無事に出場できることを祈るしかない。
 中日を追いかけるには、万全の金本選手がどうしても必要なのだから。

 さぁ、今週末には、再び中日戦が待っている。
 首の皮を繋ぐか、断ち切られるか今週の戦い方にかかっている。
 中日の勝負どころは先かも知れんが、タイガースの勝負どころは、ここしかない。ここを超えずに先はないのだから。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(0) | trackbacks(3) |
金本のサインを眺めて、交流戦を振り返る
 先週でご紹介した、デイリースポーツのプレゼントで妻が当ててくれた、世界記録達成の紙面に金本選手の直筆サインが届きました。
 ということで、ここで少し自慢げに紹介させてください。
   ちょっと、自慢の金本選手のサインです。
 あの、フルイニング連続出場の世界記録を達成した日のデイリースポーツの紙面に直筆でサインを入れてくれたものです。
 紙面は、新聞紙でなく、ちゃんとした紙(ケント紙?)にカラー出力したもので、実際の新聞紙面より小さめです。

 なんせ1889通の内の5名に入ったんだから、お宝です。
 ちゃんとパネルに入れて、飾っております。
 ありがとう金本選手、ありがとうデイリースポーツ、ありがとうマイ・ワイフ。
 

 交流戦も折り返し。
 正確に言うと、タイガースはまだ、東北楽天との試合を終えてないんだけど、試合数で半分ってことで・・・・・。

 クリックすると大きく見られます。
 去年と一緒で、ホームが2勝1敗、ビジターで1勝2敗の五分を基礎に考えてます。
 つまり、未消化の試合じは、基礎のままで想定し、現時点で消化した試合結果を入れて、この交流戦の位置を把握しようとしたものです。

 まあまあの結果でしょう。
 取りこぼしもしてないし、(北海道日本ハムとの中止の試合がどうなるかだけだけど・・・)3タテできるところは、しっかりやったし。
 ビジターで千葉ロッテに勝ち越しという金星?も挙げたし。
 (でも、昨日はもったいなかったぞ!)

 好調なのは、ヤクルト。
 どうやらセの3強に迫る気らしい。千葉ロッテも去年から交流戦王者の戦いを続けている。(よく勝ったね。低調な打線で・・・・)
 昨日を勝利してると、交流戦の戦績でも、ヤクルト、千葉ロッテに迫るとこだったんだけど。
 まだ当たってないヤクルトと千葉ロッテの食い合いを期待するか?(去年ヤクルトが3タテしたこともあったし)
 タイガースは楽天戦をまるまる残してるのがポイント。ここを大事に取っておきたい。くれぐれも油断することなかれ!

 さぁ、明日はその東北楽天戦。
 ぐぁんばれ!タイガース 
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(0) | trackbacks(0) |
やせ馬の先走り?


 またもデイリースポーツのプレゼントに当選。
 今回は、現東北楽天監督で、元阪神監督でもあった野村克也氏番記者・竹下陽二氏の著作“クソッタレイ”だ。
 まったく、妻の当選運には、恐れ入る。
 縁浅からぬ野村氏の本だ。ちょっと読んでみようと思う。ブログのネタも転がってるかもしれないし。
 何か新しい発見があったら、報告します。。


 さて、対戦も一巡したし、と言いたいとこだが、実際読売戦がまだ巡ってきていない。(なんか日程的に、問題ありじゃないのかなぁ。)
 その読売が好調な出だしを見せ、早くも貯金を二桁に乗せた。
 果たして、これが本物かどうか、対戦してないのでなんとも言えないが、監督が代わった事が、かなりのプラスに働いていることは確かだね。
 
 実際、前監督の堀内氏はへんなプライドだけで、選手からの人望がゼロに近いものがあったように見えた。
 それが取り払われたことだけで、どんだけプラスになったか。(なんか、そう見えてしかたないんですよ。)

 これを見るにつけ、野村監督から星野監督に代わった当時のタイガースに比べてしまう。
 野村氏の人望は、堀内氏よりは高かったろうが、不満分子(今岡とかね)も多かったのが事実だ。(寅吉は、嫌いじゃないんだけどねぇ・・・・・)
 あの、’02年星野タイガースの一年目は、いきなり7連勝して、瞬く間に貯金を二桁に乗せた。
 だが、瞬間風速は長く続かない。
 ワールドカップに伴う変則日程もあって、6月から失速、結局Bクラスに終わった。まぁ、俗に言う「やせ馬の先走り」ってやつだったかもしれない。
 でも、それがあっての翌年の金本らの補強があった。

 今の、読売が「やせ馬の先走りか」、適切な補強の結果として地力をつけた’03年型のタイガースのようなのか、今週末にははっきりするだろう。
 
 そういえば、原監督と星野氏の蜜月関係もあり、今季の監督候補の筆頭だった星野氏が、原監督にアドバイスしても不思議じゃないか。(まぁ、タイガースのSDの立場上ありえん話だけど・・・・)
 なんかそんな符号さえ感じる、読売の走りっぷりなんだ。

 今週は、中日・読売と5試合だ。
 いわば最初の山ってかんじだね。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | comments(0) | trackbacks(0) |
阪神タイガースV戦士ピンズコレクション
ピンズピンズ

 またも、大殊勲です。
 寅吉の妻が、大当たりを引き寄せました。

 デイリースポーツに載っていた、「阪神タイガースV戦士ピンズコレクション」のプレゼントに応募してもらったら、当たっちまいました。
 当選者は、確か1名の賞品でダメもとの気持ちもあって、「これ当ててよ!」と頼んでいたのも忘れていたんだけど、今日朝、宅急便が「ピンポーン」て、大きな包みをもって現れた時は、何のことだか分からず、送り状の商品名を見て、眼を疑った。

 妻の賞品運は、常々感心していたけど、今回はびっくりでした。
 まさか、ほんとうに当てるとは・・・・・・。

 これは、優勝を決めた日の選手・コーチたちのピンが全て揃っていて、額のコレクションボードに納まっている。
 もちろん、岡田監督の胴上げ写真のピン、タイガースの70周年記念ロゴ、優勝記念ロゴ、ペナントを形どったピンもしっかり揃っている。
 そして、タイトルには9月29日に甲子園のジャイアンツ戦で優勝を決めたことも刻印。
 3000個限定の商品で、シリアルナンバーも入っている。(610番でした。)
 市場で2万3千百円で販売されている代物だ。

 こういった商品は、買おうと思っても、なかなか手が出ないコレクターのための商品だけに、こうしてプレゼントなどで当選でもしないとなかなか手に入れられないものだ。
 それだけに、この当選は嬉しかった。
 昨年の優勝の一番の記念になるだろう。

 でも、こういうものを手に入れると、次の優勝の時も手に入れたいと思ってしまうからなぁ・・・・・。
 そうして、まんまとコレクターの仲間入りをさせられてしまうんだよねぇ。
 そんなコレクターを困らせてくれるといいんだけど・・・・。
 懐が心配になるほど、毎年優勝に絡むチームであって欲しいもんだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | - | trackbacks(0) |
野球のない週末がやってきた・・・・・
井川色紙
 あたった〜っ!
 イガーのサイン色紙。
 あの阪神優勝の翌日、各スポーツ紙を買いあさって、その中で各紙とも選手のサイン色紙のプレゼント企画があったでしょ。
 それに応募してたんですよ。って言っても、マイ・ワイフに頼んだんですけどね。なんせ、懸賞運が強いもんで・・・・・。
 そんでもって、その中の東京中日スポーツから、イガーのサイン色紙に当選したと、送ってきたんですよ。
 イガーのプレゼントには、結構縁があって、過去にもサイン入IRON NERVESのTシャツ、IRON NERVESグッズ4点セットをデイリーそ紙上プレゼントでゲトしている。今回で3回目だ。チョー嬉しい!

 イガーは、今年もポスティングでのメジャー移籍を訴えて行くみたいだ。
 いろいろ問題はあるかも知れんが、イガーは大事な戦力であることは間違いない。毎年ローテを守り、200イニングを投げ、2桁の勝利を挙げる。しかも左腕だ。代わりはなかなかいない。
 イガーの希望、夢はわかるが、阪神としても「はい、そうですか」とはいかんよなぁ。
 ポスト・イガーを育てなくてはいかんのだが、まだ来年は不安だ。
 ここはひとつ、来年までがんばってもらい、ファンに後押しされて、メジャーへチャレンジしてもらいたいものだ。
 
 三東・筒井・能見は、ぐずぐずしているな!
 イガーのポジションを奪い取れ!
 社会人・大学生ドラフトの希望枠も左腕の岩田に使うらしい。
 しっかり、ポスト・イガーを準備したい。

 まぁ、こんな話をし始めると、オフに入ったなぁと実感させられる。
 今週から、プロ野球のない週末が始まる。
 (千葉ロッテには、アジア・シリーズが控えているが・・・・・)
 ドラフトと補強の話題が紙面を埋めるだろう。
 しかし、阪神は現在の若手(?)のレベル・アップが求められる。
 ポスト・イガーはもとより、ポスト・アニキ、ポスト矢野、ポスト・下やんの出現が求められる。
 ベテランが元気なうちに、奪い取る覚悟がなくては、衰えを持ってるようなら、自分がさきに衰えてしまうぞ!
 寅吉は、秋季キャンプと来季の春季キャンプに」注目する!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | - | trackbacks(3) |
素麺&メディアガイドをゲッチュ!
素麺メディアガイド
 ほんと、よく当たりますよ。うちのカミさん。
 今度は、「とことん応援しまっせ!タイガース」素麺をゲット。
 やはり、デイリースポーツに載っていたプレゼントに応募したもの。

 妻曰く、「スポーツ新聞に載っているプレゼントは、よく当たる!」
 どうも、購読者が男性サラリーマンが多く、めんどくさいプレゼント応募はあまりしないとか・・・・。
 う〜ん、こう実績を見せ付けられると納得せざるえないか。

 で、早速食してみる。
 結構いけるんですよ。暑い夏は、やっぱり素麺でしょう。

 素麺食べながら思いついたことがある。
 阪神タイガースで「一番素麺が似合う男」・・・・矢野輝弘。
 そう、なんか夏場になると素麺ばっかり食ってそうなイメージが・・・・・。夏バテしそうってこと?(笑)
 でも、そう思いませんか。
 素麺のCMやるなら、是非イメージキャラクターは、男前矢野君に。
 
 「暑い夏は、やっぱり素麺!」(矢野、素麺をすすり、微笑む。)
 ねっ、イメージ浮かんできたでしょ、小豆島手延素麺共同組合さん。

 おいしい素麺ありがとうございました。

 また、先日「てぃぶろぐ」の虎っくばっくスタジアムでの「自己紹介してください!虎への熱い想いもたっぷりと!【プレゼント付】」に参加させてもらった結果、そのプレゼントの「2005年度版 阪神タイガースMEDIA GUIDE(非売品)」が当選!

 これが、結構優れもので、報道関係者等に配布される冊子らしく、涙もののデータがぎっしり。
 タイガース投手陣の対戦球団別の成績、その逆に打者の成績なんていうのもバッチリ。
 このブログを書くときにも重宝しそうだし、過去の実績や昔の選手を懐かしむこともできる。
 ありがとう、「てぃぶろぐ」。大切に使わせてもらうよ〜!

 さぁ、今週は広島と横浜相手の5試合だ。
 日程的には楽なのだが、広島・黒田、横浜・三浦の難敵が待ち構える。ここは、確実に勝ち越しておきたい。オールスターまで、ひとつでも貯金を増やし、厳しい夏場を迎えたい。

 ぐぁんばれ!タイガース

 PS かっての4番打者。仏のゴローちゃんこと遠井吾郎氏が逝去されたそうです。
    オールスターでのランニングホームラン忘れられません。

    ご冥福をお祈り申しあげます。

 
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | - | trackbacks(3) |
70周年記念ヘルメットマウス当選!
マウス1マウス2
 またも、やってくれました。

 阪神ファンでデイリーを読んでる方は、知っていると思うけど、ジャイアント戦に勝ち越すと、3名に「70周年記念ヘルメット型マウスよUSBハブのセット」が当たるっていうのを今シーズンやっている。

 先日の3連戦、勝ち越したんで寅吉はまた、懸賞運の強い妻に応募してくれるよう頼んだ。
 そうしたら、この間きましたよ。見事当選されました!って。

 ほとほと、彼女の懸賞運には、感心します。本人曰く、当たる秘訣があるとのことですが、懸賞運のない寅吉には及びもつきません。

 タイガースの連敗が続く中、一服の清涼剤でした。

 まぁ、今日は気分転換に最適な休みです。(あの悪夢の中日戦から休みなしにヤクルト戦3連敗を食らったもんで・・・・)
 場所も甲子園に移し、勝率も5割。絶好のリスタートです。
 阪神のメンバーってへんに真面目っぽくて、気分転換が下手そうなのが気がかりなんだが・・・・。

 もう一度、言う。ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | - | trackbacks(0) |
70周年記念ビール(発泡酒)が当たった!
ビール
 デイリースポーツに載っていた、球団70周年記念ロゴ入りのビールプレゼントに応募。(といっても、いつもの通り、ワイフが応募してくれたのだが)見事、当選した。

 プレゼントは、アサヒ・スーパードライと本生(発泡酒)の2種類あったが、ワイフは安い発泡酒の方が競争率が低そうだと、こちらに応募した。ほんと、こういうカンは、恐ろしいほど利くのだ。バンザーイ!今月のビール代が浮いたぞ〜!デイリーさん、ありがとう。(過去、井川のサイン入りTシャツ、井川のIRON NERVESグッズの4点セットに続いて当選3回目ですよ!)

 という、個人的に目出度い報告は別にして、対戦も一巡して、読売・中日に負け越し、他は勝ち越して8勝6敗1分けで同率であるが首位。
 いいんだか、悪いんだかちょっと判断しづらい成績となった。

 しつこいようだが、いい「流れ」できたものが、ちょっとしたこと(読売との緒戦、終盤無死満塁無得点)で手放してしまったのは残念。ここしばらく、コツコツとした戦いが続くのではないかと思う。

 今週は読売と横浜。
 トリ君の処遇についても外野がうるさくなっている。こういうときは、和田コーチに聞け!トリ君、フキモンの攻守交替時の全力疾走も和田コーチの提案と聞く?きっと力になってくれる。暗黒時代の阪神を背負った男だ。

 それと赤星君、「明日も勝つ!」は、かっての虎のプリンスが叫んでから、禁句とされてたんやでぇ。チームどころか自分のバッティングまでくるってるやんけ。(頼むで、新庄はん!)

 今週は、地味に戦い、地味に勝つ。そんな野球を期待する。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | - | trackbacks(0) |
朗報がひとつ
井川Tシャツ
 最近更新をさぼっていたが、朗報がひとつ舞い込んだ。

 ディリースポーツ(阪神ファンの愛読スポーツ紙)の抽選プレゼントに応募した、寅吉のワイフがみごと賞品をゲット!(彼女は、寅吉と反対で懸賞運が強い。しばしば、応募した懸賞に当選して家計を助けている。)

 
その賞品は、井川選手の直筆サイン入りのTシャツ(写真)。「IRON NERVES」は、井川選手のオフィシャルHPのなかで販売された、オリジナルブランドのTシャツで現在は販売されてない貴重な品。これに井川選手のサインが入ったお宝もんです。

 当選もたった、2名。それをゲットできたのだからこれはもう大殊勲賞ですよ。ディリースポーツに感謝。井川選手に感謝。そして、MYワイフに大感謝です。

 と、まぁ、歓喜の報告でしたが阪神もオープン戦は好調に推移。キンちゃんの腰痛、今岡選手の怪我、矢野選手の体調不良が大いに気になりますが・・・・・。

 鳥谷選手とフジモンの競争もいい効果をもたらしてるようで、関本選手の今年に懸ける意気込みが伝わってくるようになったし。

 良くも悪くも、あと2週間で開幕。ぐあんばれ!タイガース!。
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | - | trackbacks(0) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。