CALENDER
<< June 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



10―7 対千葉ロッテ 誠の救世主♪
 やはり、今岡選手会長だよね!

 しかし、あの場面であの力みの無いスイング。普通できるかねぇ。
 今のプロ野球界見渡しても、今岡しかできない芸当だろう。
 
 同点。しかも前半の大量リードを追いつかれての。
 セッキーの2ベース。アニキの敬遠。こういう場面で平常心でいられる選手は少ない。大概は力んだが詰まりながらも押し込んでって打撃が多くなり、成功は少ない。しかし、今岡は素振りでもするかのような、澱みないスイングで投球をはじき返した。

 う〜んっ!やっぱり、天才や。誠の救世主。

 やっとバネ指も直ったんやろうか、打撃は上昇中。心配の守備もだんだんだが上向きだ。今シーズンは、打点王に首位打者も狙っちゃえ!

 セッキーもやっとヒットが出て、上向きかと思ったら、また大振り病。なんか、フジモンとの競争に勝つすべを長打力に求めているかのよう。
 それとも。怪物・松坂に天理の主砲の血が覚醒させられたか?(あの時からなんですよ。セッキーが大振り病にとりつかれたのは・・・・)

 このまま、フジモン、セッキーの低レベル競争が続くとなると、上坂のセカンド・2番を試したくなるぞ。
 野村監督時代、今岡をおいて、セカンドのレギュラーを手中にしつつあった上太郎。レッドの前に、盗塁王候補として売り出した男。(読売戦のメイが投げてたときの、連続盗塁ー2盗・3盗ーが忘れられないんですが・・・)
 今の上太郎の意識がどうなのか。(バントはフジモンより上手い)2番をこなせる意識をもてるのか、セカンドの練習をしているのかが気がかりだが、レッド・上太郎の俊足1,2番は魅力あると思うのだが。どだろう・・・・。フジモンへの刺激にはもってこいなのだが。

 まぁ、本日は初回の速攻が効いて、うまく?逃げ切りに成功。それにしても、ここのところ先発が崩れるのが速い。おかげで、再びハシケンが酷使状態に。(大丈夫やろか?)
 本来ここに、三東・太陽・筒井などが救世主のように現れなくてはいけないのですが、なにしてんのや!(怒)
 前川君は、対西武戦の秘密兵器ね。(かっての西武キラーの復活を願う。)

 あすは、ラッキーボーイ・ブラウンだろうか?
 彼の悪運と、ファーストストライクを打てるようになってきた打線に期待です。(やはり、だれか指摘したんでしょうねぇ。和田コーチか?)

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(2) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。