CALENDER
<< June 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



若虎の明日を想う
 どうやら、赤星のサブの役割は、中村豊のようだ。
 赤松の昇格も検討されてたらしいが持ち越しか・・・・・。

 ラッキーボーイ的要素のあった豊と、妙な勝ち運に支えられているブラウンの昇格は、ある意味期待される。がんばれ!

 しかし、赤松を見てみたかった気がする。
 現在調子もいいようだし、旬の時に上で使ってみるのも手だとおもうのだが。

 あと、林もいいらしい。
 もとより、打撃には定評があり、かって昇格時にも快打を放ち、その非凡さをみせてくれている。守備の問題はあれど左の代打として使えそうと思うが・・・。

 喜田ももはや2軍レベルではない。
 このまま、放置してしまうと2軍の帝王になってしまう気がするのは寅吉だけだろうか。
 林同様、守備位置とそのレベルに問題ありか?

 桜井は早く故障を直し、実戦感を取り戻すことだ。
 今シーズンは1軍を経験するチャンスなのだが、浜ちゃんが戻るタイミングでの故障は痛い。1軍の代打枠は埋まってしまっている。

 総じて、野手はバッティングは充分1軍レベルに達しているのだが、守備に難点があるメンバーとなってしまっている。
 1軍の枠は、ライトしか隙がないので、起用にはなかなか踏み切れない。
 早く、ヒーやんを越える意地を見せて欲しい。

 Pは、比較的順調だと思っているが、太陽の状態と三東の経過が心配だ。
 筒井はチャンスが目の前みぶら下がっている今つかまないと後悔することになる。

 田村は、少々壁にぶつかっているのか、イガーが出てきた時のような突き抜ける勢いがない。もう少し培養が必要か。

 投手陣は、夏場に必ずチャンスがくる。
 その時に、チャンスをのがさない準備が必要だ。
 それなしに、優勝は語れないのだから・・・・・。

 しかし、これだけの若虎の期待の星が多くなったのは、喜ばしいことである。
 だが、若虎でいられる賞味期限もいずれ切れる。
 その時までに、レギュラーとしての賞味期限を持たないと、いずれ賞味期限切れとして扱われる厳しい結果が現れる。
 寅吉はそうして、消えていった選手を多く見てきた。

 みんなぁ〜、ぐぁんばれよ〜!
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。