CALENDER
<< November 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



秋の安芸、来期に実りの秋を迎えたい
 秋季キャンプがフジモン音頭による手締めで終了。

 林を筆頭に、喜田・桜井に濱中、バッテイングを戻す?関本と大砲候補の話題に集中した感がある。
 もっとも彼らが、来期の戦力足らねば阪神の戦力アップは望めない。
 彼らにとっても、もうそろそろ芽を出し、1軍の戦力足らねば、先のレギュラー取りなど夢物語で終わってしまう。いわばラスト・チャンスのシーズンとなる。今季までの延長で終われば、トレードや自由契約も視野に入れねばならなくなる。
 寅吉は、何人もの選手が2軍だけの戦力として消えていくのを見ている。チャンスはそんなに多くはない。確実に物にしたい。

 また、彼ら大砲候補の陰に隠れていたが、フジモンが心に秘めたなにかを追い求めているように見える。
 彼もまた、ラスト・チャンスを迎えようとしているひとりかもしれない。
 そして、彼にまた競争相手として赤松をあてがわれた。この競争相手はなかなかやっかいどころか、とってかわる可能性を秘めている。
 岡田監督自らの熱血指導も受け、いやがおうにも期待は高まる。

 来期の阪神の競争枠は、ライトとセカンド。打順は2番と6番だ。
 本来、セカンドを手に入れた選手が2番を打てばしっくりいくのだが、フジモンが2番の打撃が出来ないことが問題を大きくしている。
 ここに、足とファームの首位打者の実績を持つ赤松がチャレンジしようとしている。彼の持ち味は、強肩・俊足である。本来外野で生かしたいところだが、唯一のライトの枠には、ヒーやん、シェーンに林、濱中まで加わり、最大の激戦区となる。
 そこで、彼の足(機動力)を生かすべく、セカンドへのチャレンジが決まったといっていい。(もともと、高校時代はショートの経験があるらしい。)
 赤星を除けば、セ・リーグで最低の盗塁数だ。もうひとり、機動力を使える2番バッターは、どうしても欲しいところだ。

 喜田と関本は、1,3塁のサブとして、代打としての活路を見出すことだろう。いずれのポスト・シーツの枠を狙っていくしかない。

 かなりの競争が待っている。
 投手陣にしろ、復活組の三東・太陽(登録名を藤田に戻せんかなぁ。)、金沢に伸びシロ期待組の能見・筒井などが出揃えば、先発・中継ぎの枠を巡る争いも見ものとなるだろう。

 桟原と吉野はもっと手を下げられんかなぁ。
 どうも球威を追求して、腕が上がってきてからキレが落ちてきたように思えてならない。
 桟原は、かっての読売・斉藤のフォームでも穴の開くほど見て、研究したらよい。先発争いに入る意気込みが必要だろう。
 吉野も良かったときのフォームと腕の位置を再確認したほうがいい。左のワンポイント枠は空いているのだから。

 いずれもこの秋に安芸でつかんだ芽を枯らさず、来年の春に芽吹かせ、シーズンで花を咲かせて欲しい。
 果たして、来年の実りの秋を誰が迎えられるのだろうか?
 楽しみではある。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。