CALENDER
<< January 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



2,3,6,8番を誰にする?
 昨年苦しんだ要因は、2番と6番に適任者を欠いたことだ。

 来季、新戦力の台頭があるとすれば2番の適任者じゃないだろうか。
 岡田監督の望む2番は、小技だけでなく打てるバッターであることは、シーツを2番でという発言にも見られる。
 確かに内角高めと外角に逃げる球の選球眼に難のあるシーツを2番に置くことで、より右打ちを意識させ、欠点を解消する効果もあるように思える。
 シーツ自身も、2番の経験もあり、昨シーズンも何回か見せたセーフティ・バントなどの試みも適性を感じさせる。

 しかし、ここは本来赤星との組み合わせにより、もう一枚俊足ランナーを絡ませたい。それによる攻撃の相乗効果を狙いたいところだ。
 昨シーズンは、それを踏まえて当初藤本をここに据えようとした。
 しかしながら、藤本の2番適性の無さと走塁に見るべきところはあるものの、盗塁に対する意識が低いこともあり、鳥谷に取って代わられた。
 この鳥谷の起用がシーツの2番起用に結びついてる気がしてるのは自分だけだろうか・・・・。

 やはり新星の赤松と藤本の再チャレンジに期待をしてしまう打順でもある。
 シーツが2番となれば、空いた3番も問題になる。
 岡田監督の頭には、濱中の名があるのだろうが、肩の状態は未知数。
 林にも期待は高まる。いずれにしてもライトのポジションだけに、桧山・スペンサーがどうなるか?(彼らの適性打順は6番しかないのだが・・・・)

 その6番には、鳥谷が据わる予定?
 思い切って、鳥谷が3番を打てれば、ここにライトを争う4選手をはめることも出来るのだが・・・・。
 実際、鳥谷には3割20本くらいを期待したいのだから、充分3番を打つべき選手になってもらわねば困るのだが。
 
 そして、8番はセカンドのポジション。
 藤本なら一番適性もあり、本人も生きるか。
 しかし、関本ならこの打順は不足。(本人の気付いているらしく、長打力回帰を期しているらしい。)この打順を打つしかない関本なら、赤松に経験を積ませたほうがマシと考えられる。
 
 ここで、キーを握るのが赤松だ。
 セカンドとしての適性がどうか?2番の座を取れるのだろうか?
 多少眼を瞑っても、経験を積ませたいと言う思いを与えられるだろうか?
 これから、キャンプに向けて赤松の正念場となる。

 ここに名を挙げなかった、喜田・桜井も別の意味で正念場だ。
 空いてる枠は、ありそうでないのが現実。
 まずは、代打のポジションから確保していかないと、2軍の強打者で終わりかねないことを自覚していかないと。
 特に喜田には、シーツからポジションを奪うくらいの気構えが欲しい。
 時はいつまでも待ってはくれないのだから・・・・・。

 いずれにしても、ここに名を挙げた選手たちの台頭なくしては、昨年のメンバー・打順で戦うしかなく、連覇はおぼつかなくなる、
 常なる戦力の台頭こそ、最大の補強になるのだから。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | - | trackbacks(1) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。