CALENDER
<< April 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



春に若き芽が息吹く
 さぁ、セリーグも無事開幕。
 こちらも混セの予想に違わないスタートとなった。
 
 一足早く開幕していた、パリーグともども、新顔の選手が目につくねぇ。
 西武の高校卒ルーキー捕手、炭谷銀二朗のパワーに驚く。
 ソフトバンクのサードを守る、松田。
 オリックスの平野、日ハムの八木、楽天の松崎と大卒の即戦力ルーキーもみなローテ入りしたにたいだ。

 セに目を移せば、新人とは思えない落ち着き、強肩・攻守の中日・藤井。
 広島の核弾頭を目指す、梵。
 読売の福田。ヤクルト、武内など、早くも実績を積み始めた。
 遅かれ、横浜・高宮の登板もあるだろう。

 こうしてみると、新人が眠っている(ゆっくり育成中ととらえたい。)のは、タイガースと千葉ロッテの昨年の優勝チームだね。
 やはり、そういうチームでの新人の台頭は難しいのだろう。
 
 でも、2年目赤松などは、大いなるチャンスがあったはずだ。
 それを手放したのも本人。
 そして、再び手に入れられる権利を取り戻すのも本人次第だ。
 
 春に芽吹いた芽が、全て花をつけるわけじゃない。
 芽が出るのが遅い、晩稲も立派な苗となることもある。
 まだまだ、あきらめるな、喜田・桜井・赤松・・・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | プロ野球 | - | trackbacks(2) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。