CALENDER
<< April 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



0―3 対中日 苦手をつくる上手さ
 タイガースというチームは、苦手を作るのが上手い。
 しかも、その苦手は中日によく作る。

 むかし、松本幸行という左腕がいた。これも打てなかったねぇ。ホント。
 最近の代表は、山本昌。岩瀬も打ったことは、ほとんど見たこと無いが、中継ぎ・抑えとセNo1を誇る投手だから、ほかの球団も打っていないので・・・。
 でも山本昌や横浜・三浦なんて、ほとんど阪神から星を稼いでるって印象しかないんだけど・・・・。

 ということで、今日の先発の中田もめでたく、この苦手の仲間入りだ。
 去年から、この中田を打ち込んだとこは、見たことが無い。
 初完封をあせった9回に金本がHRを見舞ったことがあったには、あったがね。
 こうなると厄介なんだ。
 下柳は、上田二朗以来の久々の竜キラーともいえる投手なんだけど、これに容赦なく中田をぶつけられると、差し引き2ポイントのプラス・マイナスになちゃんだから。
 きっと落合監督のことだ、はかったように下柳に中田をぶつけるローテを組んでくるに違いない。
 こうして、今年も中日戦が苦手カードとなりつつある。

 打線も、あの広島戦の満塁のチャンスを逃し続けたことで、下降線に入りつつある。
 だいたい、点をとるべきとこで遠慮ばかりしてると、総じて下降線に転じてしまうものなんだ。だから、打線は水物って言うでしょ!
 なんか、こんなこと去年の今頃も書いていた気がするよ。
 だからって、同じ状態だから吉兆なんて思ってるわけじゃないぞ!めっ!!

 こういった状態のときは、ピッチャーががんばって、1―0とかで勝ってくれると、逆に乗っていけるんだけどねぇ。
 頼むぞ!オクスプリング。

 今日は、愚痴だらけになりそうなので、このへんで。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(3) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。