CALENDER
<< April 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



SHINJOにお礼を言おう!
 SHINJOが今シーズン限りでユニフォームを脱ぐと言う。
 パッと脱いだら、グンゼの下着っていうジョークかと思ったよ・・・・。

 彼ほど不思議な選手もいないよね。野村監督をして宇宙人と言わしめた男だ。
 残した成績から見ても、決して一流のものではない。打率もHR数も特筆すべきものは、皆無に等しい。
 なのに、何故この選手は、かくも寅吉の心を揺さぶってくれたのか?

 それは、記録に現れない部分に大きな魅力があると言うことかもしれない。いや、きっとそうだ!
 プロ野球の外野手の守備の大切さ、うまい外野手の守備を見る楽しさを教えてくれたのも彼なのかもしれない。
 SHINJO以前は、外野手はどちらかといえば、打撃優先で守備力を問われることは、あまり無かったと記憶する。彼とイチローという外野手のスーパースターが“レーザービーム”なんて言葉を流行らせた感もあるしね。

 そんな、SHINJOもデビューは、オマリーの代わりにサードを守ることから始まっている。それ以前のファームでは、ショートを守り、強肩を売りにしていた。
 なんでも、こと守りに関しては天性の素質があったようだ。
 捕殺の多さとゴールデングラブの常連だったことが、唯一記録に残る部分かもしれない。

 その華麗な守備とたいした記録を残してないのに、やたら勝負強く印象に残る打撃。不思議な両輪に支えられた彼は、日本人で初めてメジャーでHRを放ち、4番を打ち、ワールドシリーズでヒットを打った。
 
 北海道日本ハムに戻り、プレーオフ進出を決めた、満塁HRをランナーを追い越し、単打にしてしまう愛嬌。
 そしてその日のヒーローインタビューで「今日のヒーローは、みんなです!」と観客を讃える、エンターティナー振り。この時は、正直涙がでたよ。

 合併問題で揺れるプロ野球の危機に、オールスターで本盗を決め、またヒーローインタビューで「これからは、パ・リーグです!」と叫ぶ。北海道日本ハム入りした時も同じセルフをはいていたっけ。
 まるで風車にむかうドンキホーテのようだが、それでもパ・リーグの危機、プロ野球の危機に彼なりのやり方で抗してる気がして見ていた。
 彼ほど、いつもそこに観客の存在を意識してプレーした選手はいただろうか?(長嶋さんは、そうだったかもしれない。なんとなく共通するものがある気がすませんか?)

 我々タイガース・ファンにとって彼は、暗黒時代の一筋の光だった。
 「やめる。」といったり、ピッチャーをやったり、敬遠の球をうったり、すべてSHINJOだからこそ許せたし、希望もあった。
 あの時、彼の一挙手一頭足に、すがりタイガースを応援していた時代があったんだ。

 「最後まで、眼に焼き付けるため、球場に足を運んでください!」って言ってたなぇ。
 今年は、西武ドームへ北海道日本ハム戦を見に行って見るか。
 センターを守るSHINJOに、礼をいうために!

 SHINJOアリガトウ!最後まで格好よくガンバレよ!
書いた人 房 寅吉 | プロ野球 | comments(0) | trackbacks(0) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。