CALENDER
<< May 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



7−2 対千葉ロッテ 青い虎が駆ける
 交流戦のスタートは、あの千葉ロッテだ。
 思えば、優勝の嬉しさも、なにもかも木っ端微塵にされたあの日いらいの対戦となる。
 去年の交流戦では、2勝3敗1分けと互角に戦っていたものの、あの日本シリーズがまるでタイガースが千葉ロッテに歯が立たないかのような印象を与えた。
 
 やっぱり復刻ユニの効果かねぇ。
 どうも復刻ユニで戦った方が分がいい。これなら日本シリーズでも復刻ユニで戦ったら、なんて思ってしまう。
 今年のユニは、あの田淵と掛布が同時に在籍してた当事のビジター用の通称“青虎”。(できれば、輝流ラインのを見たかったぞ!)
 
 8回の藤川のピッチングが圧巻だった。
 ストレートとわかっても打てない、あの“ハイパーストレート”が戻ってきた。
 そして、藤川がピシャリ抑えた後に、打線爆発。久保田にセーブが付かずって、去年のいい感じが戻ってきた。
 それも、これも藤川投入まで凌いだ、能見・ダーウィンの奮闘が光る。
 能見も紆余曲折で、ワンポイントの役目を果たせるようになった。(カウントが若い内に勝負できるともっといいんだけど・・・、2−3は心臓に悪いよ。9
 ダーウィンもエラー絡みとはいえ初めての失点を経験。
 それより、そのあとのピンチを凌いだ事の方が更なる進化を呼びそうな気がする。

 今日は、今岡のバットが火を噴いた。
 去年の金本敬遠後のHRを思い起こさせる。これで、バネ指の呪いから解放されるといいんだが・・・・。そろそろ、真価を発揮してくれんと困るんだよね。
 なんせ今は金本が手負いの虎状態なもんで・・・・。
 だんだん、強いタイガースの形に戻りつつあるのは、うれしい限りだ。
 この交流戦、青い虎が駆け巡り、思い切り暴れ回って欲しい。

 さぁ、明日も行こか!
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(6) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。