CALENDER
<< June 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



1−2 対東北楽天 出るは、ため息ばかりなり
 もう、なんていうのか、言葉もでん!(怒)

 残塁を集めるのが趣味かと思えば、ランナー出すのさえ嫌いになったか?
 今日の試合見てると、勝ち負けなんかどうでもよくって、早く中止なり、試合を終えて、関西に戻りたいって考えてやってたように見えた。だとすれば、この雨の中必死で応援してくれたファンにたいして失礼この上ない。

 去年の9月7日に、あれだけの感動を与え、心底優勝して欲しいチームだと思わせてくれたタイガースは、どこへ行ってしまったんだろうか?
 これは、単なる打撃の不調とかいうレベルではない。チームの中で何かが起こっているような気がしてならない。

 「慢心」
 あまり言いたくない言葉だが、どこかに思い当たることはないか。
 東北楽天を舐めすぎていなかったか?(甲子園であれほど苦戦したのに、今回までどれほどの準備ができていたのか・・・・)
 東北楽天があの戦力で、どんな姿勢で挑んできていたのかしっかり見たはずだ。今のタイガースは、かってのジャイアンツのようになってしまっているんじゃないだろうか。
 「普通にやれば、勝てる。」って、決して普通になれないくせして、思い込んでいる。その「普通」は、慢心した姿なんだよね。

 この交流戦、一番貯金を計算しただろう東北楽天との対戦は、五分で終わった。
 中日は、堅実な戦いを進めている。
 今シーズン、一番のピンチやね。(っていうか、ず〜っと、そうだったんだけど、何となく勝って首位争いなんてしてたから見えなくなってただけなんだけどね。)
 さぁ、真剣に建て直しを図らにゃなるめぇ。特に「心」の問題を。どうする?

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(2) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。