CALENDER
<< June 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



交流戦総括
 2年目の交流戦が終わった。
 タイガースは、昨年より貯金が2つ少なくて、「6」。全体で3位の成績だ。これをどう見るか?

 実際、対東北楽天、対北海道日本ハム、対西武の3カードの取りこぼしが痛かった。
 特に東北楽天には、最低4勝2敗、西武には3勝3敗を目論んでいたからね。これが目論み通りなら、交流戦優勝していたんだよね。

 この躓きの原因は、インボイスでの西武戦、第3戦。
 先発の駒の少ない西武が、苦し紛れの先発として選んだ松永を打ち損じながら、やっと逆転したのを。最後でサヨナラにされた試合。
 あれが堪えた。ここから、打線が不調、残塁症候群に取り付かれるようになった。たった、1試合の躓きが後を引くことになる。
 返す返すも惜しい一戦だった。

 全体的には、試合日程がタイトな面とカードの組み方に問題が浮かんできた。
 今年くらい中止があると、6試合で予備日が1日で1週間をまわしていくスケジュールにどうしても無理が出る。
 また、カードの組み方で、表ローテだけ当たるチームなどの不公平感も多少でてくる。
 なんてたって、読売がこれだけ失速してしまったんだ。あのナベツネが「もう、交流戦はやらん!」などと言い出しかねないだろう。

 反省は反省として、よりよく興味をひく交流戦のやり方を論議してもらいたいもんだ。

 さぁ、セリーグとの対戦が待っている。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | trackbacks(2) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。