CALENDER
<< October 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



2−6 対広島 消化試合どこじゃない選手たち
 順位が決まった後、初めての試合。
 大幅な登録抹消と登録を行った。
 タイガースが中日に9ゲーム差をつけられたときから、やかましくなった“若手起用”の声に応えたわけじゃないと思うが、大幅な昇格組みのスタメン起用となった。

 一番の期待の赤松は、プロ入り初安打を含む2安打を放つ。
 しかし、ポスト赤星を狙うには、まだまだ足のアピールが足りなかった。走れなかったこともだが、本来内野安打になるべき当たりもアウトになった。(右打者だからと言ってはいたが、打った後すぐ走り出さず、打球を見てる間があったのが原因だと思う。)
 一軍でレギュラーとして名を連ねるには、まだまだ甘さが残る。
 赤星がデビューしていかにレギュラーを射止めたか。あの時の赤星の必死さ、自分のアピールポイントを理解し、それを見せるためにどんだけアピールしたか、見習うことはたくさんある。
 このオフ、しっかり自分の武器を磨き、春のキャンプからアピールして欲しい。がんばれ!

 喜田はよくなってる。
 片岡が抜けた左の代打枠は、最右翼かもしれない。しかし、スタメンとなると守る場所がない。林がきょう1塁で起用されたように、1塁しか守れないと言うことは、同じ左の林、安定した守備力を誇るシーツ、今岡の復帰具合では、関本などとの争いだ。がんばれ!

 坂は、もう少し見てみたい選手。
 高いポテンシャルとセンスを感じさせる。案外セカンドのダークホースになりえるかも・・・。このオフに、もう1段上るとおもしろそうだ。がんばれ!

 キャッチャーの狩野。
 やっぱりキャッチングの練習をもっとしないと。
 ファームの首位打者はバッティングの面の成長は見せられたが、何故か半身になって球を受けるような姿勢は不安だらけだ。
 総合的に見ても浅井に1日の長がある。
 捕手になるために、このオフは必死にがんばれ!

 さて投手に移って見ると、今日の3人は過去の誰かとダブって見えた気がする。

 今年の希望入団枠の岩田。
 マイク仲田を思い出す。そのファームだけじゃない。制球の定まらないストレートと緩い落差のあるカーブ。このコンビネーションだが、カーブを投げるときに体全体に緩みがでるからわかってしまう。しかも、制球が悪いため、カウントを取りにくる球を狙い打たれてしまう。マイクの若いころと同じだ。
 マイク仲田は、スライダーを覚え、これの制球がついたことで化けた。短かったが、タイガースのエースとして、92年の優勝争いを演じた。
 岩田もスライダーの制球を磨き、あの時の仲田のようなスタイルを目指せばいい。がんばれ!

 2番手、玉置。
 彼の姿に、現ピッチングコーチの中西清起を見る。
 ストッパー、先発にと活躍した中西は、ニックネームの“球道君”と違い決して速球派ではなかった。カーブ、スライダー、フォークを交え、制球力と度胸で渡ってきた投手だ。
 玉置の鋭いスラーダーを見てると、あの当時の中西とだぶるんだよね。
 すくすくと伸びて、大いなる度胸をつけてくれ。がんばれ!

 3番手は、伊代野。
 彼が目指すのは、川尻なんじゃないだろうか。
 サイドからの球のキレで勝負するタイプ。同系である桟原(最近スリークォーター気味に変わってしまって、少々不満なんだが・・・)が球威で勝負するのと大きく違っている。それを勘違いして球威をつけようとすると、失敗する。川尻のような技巧派としてのピッチングスタイルを築かないと厳しい状況だ。ここには相木という競争相手もいる。がんばれ!

 今日はファ−ム日本一の牽引車たちのお披露目の感が否めなかったが、総じて力不測は否定できない。
 やはり、優勝争いのさなかに、1軍に呼んで使うと言う冒険をさせるレベルにはいたっていない。このとき呼ばれた、中村泰なんかは、もう少し上のステップに入っているのだろう。今回は呼ばれなかったのは、その必要がなかったからであろう。
 今シーズンの試合で使われるには、まだまだ早かったことだけが確認できた。今日出た選手は、来春のキャンプでの1,2軍振り分けの線上にいると思ってよい。
 めでたく、来春のキャンプを1軍選手として送れるかは、このオフや秋季キャンプの精進しだいだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(7) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。