CALENDER
<< October 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



3−0 対東京ヤクルト 有終の美
 井川が川上と並んで奪三振王のタイトルに手が届いた。
 しかし、これは無理してとれせて貰ったものだと自覚をしておいて欲しい。来年は是非、自力で優勝とタイトルを引き寄せるような活躍を期待したい。もちろんタイガースでね。
 メジャーは、それからでも遅くないでしょ。

 この試合も赤松、喜田、林、坂などの若手?野手のテストが続けられた。
 坂はまだ、ポテンシャルをもってるという段階。来期2軍でもまれ、そのポテンシャルが発揮できるようなってもらいたい。

 喜田と林は、バッティングに関しては十分戦力たる位置に来た。
 後は守りがシャンとすれば、片岡枠へ入る。左の代打枠もとれるぞ。
 赤松は、ちょと力みすぎだな。力の抜き方が分かると、飛躍するタイプだ。このオフにみっちり、来年はブレークすることを期待する。

 東京ヤクルト戦で始まり、同じカードで最終戦を迎えた。
 思えば、開幕直後にスワローズに負け越したときから、最後の最後まで乗り切れない状態だった。しかし、最後の奇跡の追い込みは見事だった。決して無駄にしてはいけない。
 あの時の気持ち、モチベーションを持ち続けることが覇権奪回、打倒中日につながるものだからだ。
 こうして、最後は勝利と井川のタイトルという終わり方ができたのも、それがあればこそだ。
 有終の美は来季につなげよ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(6) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。