CALENDER
<< April 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



4−7 対広島 不調か?弱体化か?
 まさか、ここで3タテ喰らうとは、誰も思っていなかったただろう。
 その負け方も、相手の黒田のようなエースに完璧に抑えられたのと違い、同じレベルでの先発が、ガツンとやられ、主軸が抑え込まれ、力負けした感がある。

 実際、一人で打線を引っ張ってきたアニキが、ここに来て調子を落とし、それを補わなくてはいけない今岡は、復活のに程遠い状態で、逆に林への繋がりを分断する役割を果たしている。

 井川の抜けた穴をどうこう言うつもりもないが、実際、能見、小嶋は本来ローテ枠に入るかどうかのPだし、杉山は、伸び悩みの象徴であるとともに、例年この時期は調子がでない。
 そんな先発陣で、この3連戦を乗り切ろうとするほうが、甘かったのかもしれない。

 人は、安藤・福原がローテに戻るまでは、5割で言いという。
 ほんとうだろうか。
 この2人をそれほど当てにしていていいんだろうか。
 どちらも、1シーズンフルに活躍したことがない投手だし、福原だって勝ち越したのは、去年が初めてだといっていいくらい。
 安藤は、常に故障と裏表だし、2年連続で2桁勝ったといっても、中継ぎでの実績が一番目立っている。
 そんなだからこそ、明日からの外人2人と下柳への負担が高くなるのは、否めない。
 しかも、ボーギーはそのピッチングスタイルから、不安は尽きない。

 そんなこんなで、確実にタイガースのピッチング・スタッフは弱体化してしまっている。
 これに打線の不調がかみ合わさっているから、5割を割っても不思議じゃない。
 「JFK」がいることで、Pが良いと言う錯覚に陥っているが、それを使える状態を作らなければ、この3連戦のような結果になるだけだ。
 それには、「SHE」の役割を担える、メンバーが出てきてくれないと困る。橋本も桟原も2軍でくすぶっているのに、他のPは、このチャンスを物にするどころか、代わりは出てくる気配もない。
 唯一ヤスが使えるようになる可能性を残してはいるけどね・・・。

 次の横浜戦は重要だ・
 現状が単なる不調か、弱体化したのかの答がでる。
 負け越せば、少なくとも横浜は、タイガースが弱体化したと捉えるだろう。そうなったら、始末に悪いことこの上ない。
 2004年の再現をされかねない。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | trackbacks(1) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。