CALENDER
<< February 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

Google



キャンプ注目の選手は、
 いよいよ、キャンプが始まった。
 いろいろ忙しく、スカイAスポーツプラスの「猛虎kキャンプレポート2008」もライブ、といってもその日の夜の再放送分だがも見ることが出来ず、ビデオでチェックと言う状態だった。

 さて、新井、ルーといった新加入があった打撃陣と金村しか補強がなかった(ゴメンね阿部君)投手陣の先発ローテ争いって言うのがひとつの注目ポイントとなっているのだが、昨日の放送を見てると、正田の状態が良さそう。フォームもダイナミックに戻っているし、力強い。久しく左の本格派が消えていたので、なんとか物になって欲しい。
 そういえば、筒井もフォームをサイドから元に近い形に戻していたね。
 岩田も含めて、左の本格派の出現は請われるところであるから、頑張って欲しい。

 さて、寅吉の注目は大和の存在だ。
 その守備力を買われて、入団3年目のショート。昨年はプレ5輪の代表としても選ばれる。
 ある意味、成果を出さなければいけない年に差し掛かってきた。
 ファームでは、ショートの定位置を獲り、シーズンを通して経験も積んだ。課題の打撃も発展途上とはいえ、成果を出しつつある。
 そこへ、高卒ルーキーでの高濱の入団だ。
 同じく、名門横浜高校のショートのポジションを1年の時から獲得し、数々の修羅場を潜り抜けてきた、期待の星だ。
 その柔らかいバッティングと強肩を生かした守備も魅力があると言われる。当然ファームでの試合は、彼に経験を積ませることにシフトしていくことになることは想像に難くない。

 さて、じゃ大和はどうする。
 今回1軍キャンプに選ばれたように、1軍ベンチ入りして上での経験を積みながら力を発揮していかなくてはならない。
 1軍には、頑丈な鳥谷がいるが、その守備力でアピールし守備固めでもかまわないから控えのポジションを獲りにいかないと、ファームでの居場所がなくなると思われるだけに、背水の陣といっていい。
 そうでもないと、鳥谷→高濱という路線の元、ショート以外のポジションへのシフトが待っている。
 今年は、結果を問われる年だ、がんばれ!

 そして、もう一人。
 今年から外野手登録となった浅井に注目。
 寅吉は、彼に「代打の切り札」たる存在になる匂いを感じる。
 川藤、八木と続いた路線に浅井の名が続くのではないかと思うのは、その思い切りのいい打撃だけではない。
 キャッチャーの経験からの配球の読みや投手心理の読みが、ここ一番の代打として生きてくるのではないかと期待している。
 今年に、そのポジションを掴んでくれることを期待しながら、これから先を見て生きたい。

 まだまだ、見所はあるが、それはまた後ほど。
 やっぱり、キャンプが始まると野球を見たくなるねぇ。
 はやく試合が見たいよね。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。