CALENDER
<< August 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



8―2 対広島 権利発生
 これで、CS出場権争いの権利だけは手に入れた。
 広島と雌雄を決する3戦目は、広島が予想に反してプロ入り3度目の先発の今井。
 奇襲なのか、現在の調子なのか定かでないが、ここに広島の苦しさを見る気がした。

 しかし、試合展開はあにはからんや、この今井に手を焼く。
 初回、下柳が栗原に被弾すると、すぐその裏、トリのタイムリーで1点返して、1点差に詰め寄る。
 だが、ここから同点、逆転へとスムーズに運べない。
 初回を1点で切り抜けた今井は、緊張がほどけたのか、伸び伸び投げ始める。
 何故か、同じPに何度もやられ、同じ打者に何度も打たれるタイガースにとって、また苦手を作りそうな気配だ。
 これは、スコアラーのデータが間違っているのか、いつまでたってもそのデータ通りに攻略できない選手が悪いのか、一回検証してミソ。

 またも、5回に下柳に打順が回る幸運に助けられ、ここで代打で継投に入ることになる。
 まぁ、ここで1塁が空いていてブラゼルの代打は無駄遣いの気がする場面だったが、他に誰かいなかったんかなぁ。
 そして、6回から筒井、アッチ、と繋いで反撃を待つ。
 やはり、筒井は再び中に戻したようだ。これも昨日の阿部に見通しをつけたからなんかなぁ?
 
 広島の継投のスキをついて逆転した後、金村、西村と余裕の継投を見せた。 
 4点差からの登板だった、金村は9回まで投げれば、セーブがついたんじゃないのか?
 中に廻して、リードされているときの登板を役割とさせているのだから、こういうチャンスに配慮してやっても良かったんじゃないだろうか。
 逆に、再昇格の西村は、良かったね。
 前回の1軍での登板より、球に力があった。
 これから、1段ずつ上がっていけばいい。がんばれ!

 次は横浜。
 ここは落とせない。絶対に3ついただかんと、燕を捉えきれない、そういう覚悟で臨むべきだろう。
 そして、甲子園に戻ってくる時に、CSへのチャンスを一緒に持って帰ってきて欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。