CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 3−3 対東京ヤクルト 浜中見逃し、勝ちも見逃す | main | 2−3 対読売 明日が見たい! >>
2−4x 対読売 井川の疑惑 その2
 ほんと、結果論なんだけど、井川続投なら最後は高橋由伸勝負を選択すべきじゃなかったか・・・・・、李で勝負ならジェフを投入しても良かったんじゃないだろうか?
 ほんと結果論だから、そうしても結局は打たれたかもしれない、勝てなかったかも知れないのだが・・・・。

 井川のプライドを尊重し、見るものにとっては真剣勝負の醍醐味が味わえただろ最後の勝負。
 だけど、負けたほうのファンっていうのは、どうしても結果論からくるタラレバが多くなってしまうんだよねぇ。
 特に、井川のスタミナに疑惑の目を向けてる寅吉としては、あの場面で李と勝負にいけるキレ・球威があったか、はなはだ疑問なんだ。受けていた矢野はどう感じていたんだろう?基本的に矢野というキャッチャーは、ピッチャーの意向を尊重する。
 あの場面は、勝負に行きたがるのがピッチャー心理だろう。
 あそこで抑えれば、タイガースが勢いずく、井川はそこまで考えてないにしろ、1回のリベンジを果たそうと果敢に勝負いく性を否定したりしない。

 でも、もう負けられない。
 まして最下位争いをしている読売に五分の成績だなんて、今後差しさわりがある。そんな状況の一戦だ。
 勝ちにこだわりたかった。
 李以外は、はるかに討ち取れる確率が高い。そのできるだけ高い確率を選ぶ術はなかったのだろうか。

 中日も横浜にサヨナラ負けだった。
 こんなときこそ、1ゲームでもつめておきたかった。寅吉の井川の球数が増えると、ガス欠を起こす、井川の疑惑はまだ晴れることはなかった。
 ロードの初戦。
 もっとも気分が悪い負け方をしてしまった。出るは、愚痴と後悔ばかりなり、なんて状態に陥ってなければいいのだが・・・・。(寅吉は陥ってしまいました・・・・・。)

 横浜だって中日に勝っているんだ。
 まだ、がっくり来る時期じゃない。中日が負けたことを幸いと考え、切り替えていくしかないだろう。
 
 ぐぁんばれ!タイガース

 PS 打線の梅雨明けはいつになるのでしょうか?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(3) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/101541

よく見られる、バッテリーの『防げるミス』[:ショック:] 同じ相手に同じミスをしてしまう[:冷や汗:]   本塁打だけはいけない場面で。。。1点が取れないのだから、せめて防ぐために細心の注意をはらってほしい。。。 負けられない試合なのに、慎重にかつ大胆にいけ
虎 想い 完全復活への道!浜中 治 | 2006/08/01 10:57 PM

今日の井川、初回に李にHRを打たれたものの、その後は完璧に抑えていました。相性が悪いんでしょうか、9回裏にまたHRを打たれてサヨナラ負けを喫しました。7回に井川に代打を送らなかったのは、同点に追いついたから井川の調子だと終盤に逆転して勝てると踏んだだ
パイプの部屋 | 2006/08/01 11:53 PM

8月に入り、我がタイガースは長期遠征開始。 甲子園の大声援とはしばらくお別れだが、中日にこれ以上離されないよう、仕切りなおして行こう! ■試合概要 先発は、井川と上原。 1回裏、李の日韓通算400号となる2ランで巨人が先制。 しかし、5回に鳥谷の8号ソロ
今年の阪神はやらかす! | 2006/08/02 12:51 AM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。