CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 4−2 対広島 “どんでん返し”に向かって | main | 0−3 対中日 完璧なる引導を渡される >>
0−7 対中日 断崖絶壁、徳俵
 悔しい〜っ!
 これでまさしく、断崖絶壁。もう対中日戦に1敗もできないとこに追い込まれたってことだ。
 後は、何も考えんでよろし。勝つだけや。

 期待が高まると、これを裏切り、見放されると擦り寄るようにがんばって見る。まさにタイガース気質。
 この対中日戦前の異常な高まりに、一抹の不安を抱いたのは寅吉だけじゃないはず。
 もともと、虎って言うのは、猫科の生き物だけに、そんな気まぐれな体質や媚びない性質があるのかもね。
 
 寅吉も、去年の勝負どころの強さみたいな部分を見せられたから、タイガース気質の体質改善ができたものと思っていた。
 甘かった。
 タイガースファンを40年もやってきて、そのほとんどをタイガース気質に悩まされてきたのに、たった1年の実績で「もう、大丈夫。」なんて思っていたとは・・・・・・。

 だが、今日からは違う。
 明日負ければ、THE END。
 藤川の涙から驚異的な追い上げで、昨日の位置まできた、そのがんばりも、露と消える。
 徳だわらに足をかけ、えびぞりになりながらも耐えて、再び土俵中央まで持っていけるか、明日、明後日の試合しだいだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | trackbacks(3) |


こんにちは、お邪魔します。
いよいよ来るところまで来ましたって感じですね。
妙に神妙な気分です。今日の試合で全てが決する、楽しみでもあります。
猫科は孤高の生き物で、特に虎はその頂点ですからね。かわいくもあり、こわくもあり。たった1年で体質が変わったと誤解していたのは、おいらも同じです。ある意味、虎党は辞められません!?

chappy | 2006/09/16 12:29 PM














http://happyhills.tblog.jp/trackback/109358

下柳は頑張ったんですがね。立ち上がりにばたばたと点を取られたんですが、その後は何とかしのぎました。でも6回にとうとう力尽きて、結局6回3失点。最近の打線の調子を考えたら3点なんて問題じゃないはずなんですが、今日に限って打線が沈黙。散発4安打完封じゃ、
パイプの部屋 | 2006/09/16 9:21 AM

この大事な最後のナゴヤDの第1R、元エース井川が登板を回避した時点で負けは決まっていたのかもわからない[:!?:]球場が相性が悪いからでしょうが、エースの意地はどこにいったの[:しょんぼり:]相手の川上はきっちり仕上げ、8回3安打で付け入る隙をあたえなかった
虎 想い 完全復活への道! 浜中 治 | 2006/09/16 10:14 AM

勝たねばならぬ それがプラスになるかマイナスになるか 追う立場なら攻めて攻めて攻めまくれ 初回、攻めて攻めては初球攻撃のことか 2球でツーアウト 3番シーツが復帰してることにホッ・・・7球で終了 注目の福原立ち上がり。先頭荒木に2−1からの4球目ボー
阪神生活:ジョージの視点 | 2006/09/16 7:57 PM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。