CALENDER
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< クライマックス?シリーズ | main | 自分を計る力 >>
新庄劇場
 今年、最後の更新。(最近、さぼり気味で、すいません。)
 その話題が、タイガースでなくて、元タイガースの新庄選手。

 一昨日の「金スマ」で新庄の特集をやっていたのをご覧になったろうか。
 今年の日本一の裏に、あの時流した新庄の涙の裏に、もうひとつの理由があったっていう内容だった。
 難病と戦う少女との約束。
 その約束を果たす前に、逝ってしまった少女に対する想い。
 それまでの表向きのストーリーでさえ、ドラマティックであった新庄だったのだが、このエピソードを聞くにより、その存在が貴重に思えてしまう。

 スター選手とファンの交流。
 特にそのファンが闘病中であったり、障害をお持ちだったりして、そのファンのためにとがんばるスター選手の活躍。
 どうもこういう話には弱い。
 その昔、みなしご達のために戦う「タイガーマスク」に感動して以来、この手の話には弱い。
 特に、齢を重ね、40代も後半になると、涙腺も緩くなってくるし、たまったもんじゃない。

 一見、ノー天気で“自ら楽しむ”ことしか考えてないような見方をされる新庄に、こういう一面があったのか、と知ることができた。
 今年1年、日本プロ野球は新庄のためにあった。
 タイガースファンとしては、悔しいけれど、新庄中心に回っていた。
 引退のラストイヤーの新庄が何を想い、何を訴えようとしたのか?
 
 そして、来年新庄がいない、北海道日本ハムは、パ・リーグは、日本プロ野球は、何を題材に盛り上がろうとするのか。
 それが、安直なプレーオフの実施ということで果たせるなんてとても思えない。
 
 願わくば、金本の剛打が、藤川のストレートが、赤星のスピードが、タイガースを、セ・リーグを、日本プロ野球を沸かす存在であって欲しい。
 ホークス、マリーンズにリベンジを果たし、85年以来の日本一に湧き上がる、そんな年にして欲しい。
 確かに、今のタイガースは、そういう“ポスト新庄”を担う存在になてきているのだから。

 来年のタイガースが与えてくれるだろう感動を願って、今年最後の更新にしたい。
 今年1年、お付き合いをいただきありがとうございました。
 来年もよろしくお願いいたします。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | プロ野球 | comments(0) | trackbacks(2) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/124588

金スマとは「中居正広の金曜日のスマたちへ」を略してよくそう呼ばれます。私も友達に「金スマの正式名称知ってる?」って聞いてみたんですけど、やっぱりというか・・・知らない人が多いんですよね。「金スマ」で普通に通じますし、逆に中居正弘の金曜日の・・・なんて
金スマにハマッてますわ・・・ | 2007/01/07 1:18 AM

新庄剛志が初めてパーソナリティーを勤める番組ってことで、タイトルとのギャップを感じながら見始めたのですが、「難病と闘うこどもたち 私たちはこんな病気と闘っています」スゴイ番組でしたね、チョッと怖かった(表現難しい)ですけど、病気と闘っている本人&家族
テレビにツッコミ! | 2007/01/10 12:18 PM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。