CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

Google



<< Mr.フライング 読売・清武代表 | main | されど、オープン戦 >>
球春
 プロ野球の春は、オープン戦の開幕とともに訪れる。
 昨日から開幕したオープン戦に春を感じる方も多いと思う。
 しかし、タイガースファンの春は、まだまだ遠そうだ。

 井川が抜け、福原・安藤が故障出遅れ・・・・。
 これは裏を返せば、若手にとってのチャンス到来ということになる。
 チャンスを掴みかけては、手放している打撃陣も、町田の引退による右の代打枠、加えて桧山の故障により左の控えさえ空白地帯になっている。
 いまこそ、その球暦に春を迎えるチャンスなんだけど・・・。

 キャンプ、練習試合なので好調さを伝えられた面々は、このオープン戦の開幕にあわせたように、急降下していく。
 復活を期す三東は、再び故障に陥り、久保田は投げ込みが実らず、自信を取り戻せないでいる。
 サイド転向で活路を見出したかのような筒井は、実戦での弱さを相変わらず示している。
 結果、毎年のメンバーに期待が集まる図式になる。

 能見、江草、杉山。
 このなかで杉山も、ここへきて評判を落としているが、今日見る限り、球自体はそんなに悪くはない気がする。あとは、どう細かいコントロールを合わせていくかだが、毎度のスロースターターぶりはいただけない。
 一度ショックを受けないと、本気にならないのでは問題ありだ。

 能見、江草は、まごまごしてると期待を小嶋にもっていかれちまいかねない。結果がどうしても必要となるオープン戦だ。
 この辺のプレッシャーが他とは違うところかなぁ。いい傾向だ。
 右も、金村・上園あたりが杉山にプレッシャーをかけられればいいのだが、まだ役不足かもしれない。

 野手は、結局、実績のある林が頼りか。
 喜田も桜井も、オープン戦が始まると、とたんに急ブレーキがかかる。
 赤松もガンガン行かなきゃ。赤星の牙城は崩せないだろう。
 
 なんかオープン戦が始まったとたんに、新鮮な力が霧散してしまうのは残念だ。
 彼らが試してもらえるのは、あと何試合も無いんだから、何とか春を迎えられる選手が出てきて欲しいと思うのだが・・・・。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | trackbacks(2) |


本当、讀賣って奴は・・・(怒)
まあ活躍しない事を祈りますわ。
西武はナカジがヤンキ−スと決裂して西武に残留するみたいで面白くなるんじゃないですか?
阪神は新旧交代して讀賣を倒して欲しいですね。

http://www.top-classesment.fr | 2014/12/30 4:35 PM














http://happyhills.tblog.jp/trackback/131503

井川の穴を埋めるべく、ここまで頑張ってきたはずなのですが、結果が出ません。江草は相変わらず責任イニング終盤になると崩れるわ、筒井はランナーを出すと突然不安定になるわで、キャンプの成果が見られません。特に筒井はキャンプで調子が良かっただけに残念です。上
パイプの部屋 | 2007/02/26 6:46 AM

惨敗・・・ オープン戦・・・若手中心のメンバーとはいえちょっと情けないのんとちゃうの! 江草もポスト井川と言われてるのに、2死から暴投と死球で自ら一、三塁のピンチ を背負うと、オリックス新外国人アレンにキッチリと右中間へ2点タイムリー・・・ もうち
ある阪神ファンの想い | 2007/02/26 11:27 AM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。