CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

Google



<< キヨタケ君の本音 | main | 1−4 対広島 いつもの黒星スタート? >>
開幕前夜
 いよいよ開幕だ。
 果たして、タイガースはVを奪回できるのだろうか。

 井川の穴が開いた今季。
 キャンプからの課題は、ポスト井川探しの課題に追われた。
 江草・能見は、突き抜けられるのだろうか?
 まだまだ、シーズンを通して活躍をしたことの無いPだけに不安は募る。
 おのずとルーキー小嶋に期待がかかる。果たして、そこまでの期待に応えられるかは未知数だ。

 そうしてる間に、右の安藤・福原までもが出遅れた。
 本来これを補うべく、杉山はそのポテンシャルに反して、スロースターターという癖が直らない。
 最後の勝負にうってでるべく太陽は、息切れ状態で開幕を2軍で迎える。
 ここも、未知数の外人Pの2人に頼らざる得ない状態だ。

 投手陣の不安を補うべき打撃陣はどうだろう。
 キャンプを賑わせた新鮮力たちは、1人消え、2人消えで、開幕1軍を得たのは、赤松、清水、狩野の3人か。しかも2人は捕手だ。
 高齢化したレギュラー陣を脅かすような戦力が出てくることは無かった。

 唯一の戦力追加は、今岡の復活ってことになりそうだ。
 しかし、この布陣で昨年は、あそこまで言ったんだ。今年、各選手の年齢が1つ上がったことの影響と、今岡の復活を天秤に賭けてどうでるかだろう。

 寅吉は、赤松がスーパーサブ(代走、守備固め)からのチャンスを作ってレギュラーを脅かすような活躍を期待したいのだが・・・、力みかえってのチョンボが多いんだよね。彼の性格。
 あとは、杉山の巻き返しだと思う。
 本来、井川がエースだとすれば、それを継ぐのは杉山しかいないと思っていたんだけど・・・・、開幕投手を命じられるくらいの位置にはいて欲しい選手だ。

 不安を数えても、あと何時間かしたら、またペナントレースが始まる。
 泣いても笑っても、待ったなしだ!

 ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | trackbacks(1) |


本当、讀賣って奴は・・・(怒)
まあ活躍しない事を祈りますわ。
西武はナカジがヤンキ−スと決裂して西武に残留するみたいで面白くなるんじゃないですか?
阪神は新旧交代して讀賣を倒して欲しいですね。















http://happyhills.tblog.jp/trackback/135483

夕方からABCラジオの開幕直前スペシャル〜タイガースV奪回だ宣言〜を聴いて、サンテレビの熱血タイガース党を見ながら、チャンネルを変えながらスカイAの猛虎まるかじりスペシャルを見てます。まるで今日は大晦日のような気分です。気持ちはかなり盛り上がってきて
パイプの部屋 | 2007/03/29 10:59 PM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。