CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 0−6 対横浜 勝ちたくない症候群? | main | 0−5 対中日 ナゴドに寒い風が吹く >>
10−1 対横浜 夜明けは近いか?
 小嶋君、前回の貸しは、しっかり払ってもらえたようだね。よかった。
 さして調子のよい状態でなかったところに、いきなり7点の援護。これは、さぞ助かったことだろうと思う。
 この大量援護が初回からあったことが、岡田監督のいう今シーズンで1番よくなかった小嶋を7回まで持たしてくれることとなった。
 しかし、計8点の援護のうち、2,3点でも前回取ってやれば、今日で3勝目だったのにねぇ。
 次も頼むで。

 やはり、セッキーは2番で蘇る。
 どうも2番適正にはまってしまったようだ。なまじ8番において、持ち前の長打力を取り戻させようなんてかんがえると、逆にいらぬ力みをよび自ら崩れていくことが確認できた。

 そうなると、1番にこのまま鳥谷でいいんだろうか。
 やはり、赤星、または赤松を置いて、彼らの足を活かすほうがベターに思えてならない。
 トリは、6番に置いて、今岡以下に右が並ぶアクセントにしたい。
 7番はハマちゃんと林の併用でOKなんじゃないかね。
 今の打線を活かすのは、どうしてもこの並びが良いように思えてならない。(ホント、何度も書いてるけどね・・・・・)

 それでも、今シーズン初の2桁得点で、一時の最悪状態を脱したかのように思えるが、その結果は次の中日戦で問われることだろう。
 今回の横浜戦ように、アフタードラゴンズのエアポケットで腑抜けた戦いをしてしまった。それが、次の中日戦が見えたとたん、打線が爆発。
 ナゴドでの戦いが楽しみであると同時に、アフタードラゴンズの読売戦に不安が残る。
 ここを勝ち越せれば、勢いが付くのだが・・・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(2) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/137928

 中日戦に勝ち越して迎えた対横浜三連戦、よもやの連敗を喫して しまっただけに、是が非でも勝たねばならないタイガース。先発は ルーキーの小嶋。対するベイスターズの先発は超ベテラン・工藤。  初回、小嶋は横浜の一番・仁志にいきなりフォアボール。種田 送り
虎のおしゃべり堂 | 2007/04/15 6:29 PM

これまでピッチャーを見殺しにしてきたことを反省したのか、それとも工藤が通用しなくなったのか、今日は初回にいきなりのビッグイニングでした。鳥谷の先頭打者HR、濱中の久しぶりのレフトオーバーのタイムリーと、打線の持ち味を十分に発揮できたイニングでした。3
パイプの部屋 | 2007/04/15 6:43 PM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。