CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 6−7 対横浜 満身創痍の創意工夫 | main | 0−2 対広島 明日の扉を開く者は、いないのか >>
5−11 対広島 SHEの崩壊がもたらしたもの
 04年以来の6連敗。
 悲しい響きの6連敗。
 Bクラスの哀愁漂う6連敗。
 
 これで、どっぷりBクラスに浸かったわけだ。
 当分、こんな戦いが続くことを覚悟しとかないと・・・・・。
 しかし、先発が早々に点を奪われ、反撃するにもクリーナップがノーヒットだもの、届くわけがないやな。

 昨日は、ジャンを引っ張り失点を重ね、今日は福原を代えると失点。
 確かに今日の状態を見ると、簡単にジャンに代打を送れなかったわけだと、妙に納得させられてしまう。
 昨日や今日の場面で投げさせられるPがいないいてことだな。

 05年の優勝は、「JFK]はさることながら、リードされてる試合でも終盤まで勝負を持ち込ますことができた「SHE」の存在があった。
 元来、完投能力が低い投手陣において、唯一完投能力がある井川が抜けたことで、中継ぎの果たす役割の重要度は増していたはずだった。
 幸い、昨年はハシケンの故障、江草の先発転向などで崩壊していた「SHE」が、揃って元気だった(と思っていたんだけど・・・)今年は、中継ぎの充実で、井川の穴を埋めるはずだった。

 しかし、序盤の失敗により、いとも簡単にハシケン、桟原が2軍落ち。江草一人に重圧がかかることになった。
 その酷使により、江草も失点を重ね、「SHE」が崩壊。
 これが、6連敗の大きな要因でもあると思うんだ。(それだけじゃないんだけど・・・・)
 今、代役候補は渡辺やヤス、今日登板した伊代野って事になるんだけど、どれも経験不足は否めなく、今日のような場面では、不安を隠せない。

 「SHE]の崩壊は、タイガース投手陣の崩壊に繋がると言っていい。
 ある意味、「JFK」より大きなキーになりえることだし、福原・安藤の故障より大きなファクターになっていると言って過言でもないはずだ。

 若手を使え、打順を変えろ、エンドランを多用せよ、とうるさい外野の声に耐え、よく辛抱している岡田監督ではあるが、この中継ぎ投手陣の崩壊が一番堪えていることだと思う。
 挙句、首痛を圧して健闘しているレッドも欠くことになる可能盛大だし。
 うるさい外野には、これで林・赤松が常用され嬉しいかも知れないが、もっと大事な要素があるってことだね。
 (今一番、思い切りがいい狩野をもう少し使うって言うのは賛成だけど。)

 まぁ、この連敗を止めるというか、現状を打破する特効薬はないだろう。
 今の位置をうろうろしながら、中継ぎに経験を積ませつつ、「SHE」の役割を果たせる面子を探しておくしかない。
 その面子が決まってから、逆襲が始まるものだと覚悟して見ていこう。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | trackbacks(1) |


現状ではダーウインの力も必要かと。。。

hoshino | 2007/05/04 7:51 PM














http://happyhills.tblog.jp/trackback/140578

とうとう6連敗。投手陣がここまで酷いと、どんな手を打ってもダメです。先発の福原は5回を3失点。不満は残る内容でしたが、9連戦の7試合目にしてようやく先発ピッチャーが5回まで持ったということで良しとしましょう。最近は初回に失点しても、あまり気にも留めな
パイプの部屋 | 2007/05/04 7:38 PM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。