CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 11−7 対千葉ロッテ 9回9点で大逆転 | main | 1−0 対東北楽天 下柳の意地 >>
0−0 対千葉ロッテ ドローという名の徒労
 せっかく昨日の勢いを引き継ぐべくジャンが好投したのに・・・。
 昨日打線の奮起で逆転勝ちし、今日は投手陣の奮起で僅差をものにして勝つことができれば、これからの勢いが大いに増しただろうに・・・・。

 ジャンの好投は良しだ。
 これをものにできないのが、今年のタイガースの弱さっていうものかなぁ・・・。
 投手陣が悪い時は、打ち勝ち、打線が湿った時は投手が抑えて勝つ。
 これが投打のかみ合わせっていうつで、強いチームはこれが実に良くできて、弱いチームっていうのは、これが逆の組み合わせで、投手が抑えれば打線が少しも打てず、打線が活発だと投手が早々に崩れたりする。そう、今年のタイガースのようにね。

 今日の試合は、その弱さの循環をせき止める試合となるはずだった。
 それが、やはり弱い循環にはまったままだった。
 延長12回を戦って、ジャンからJFKへの継投で相手を封じ込めたのに、1点さえ取れずに、もう何度目になるのだろうか、完封されてしまった。
 
 負けなかったからいい?
 千葉ロッテに1勝1分けだから十分か?
 そんなことは無い、昨日の試合を浮上の糧にできそこなった、今日の試合は、負けなかったからといって決して意義があるんものではない。
 逆に、徒労に終わった、引き分け試合といっていい。

 次の楽天戦で意地を見せてみろ! 
 ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。