ぐぁんばれ!タイガース 「路地裏の定年」

CALENDAR
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!
+RECOMMEND
+RECOMMEND
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
1−3 対北海道日本ハム 結局、結局・・・・・・・・
 力がないってことなんだろう。
 明日から4日間の休みがあるゆえのJFKの投入も、打線の反発力のなさに徒労に終わる。
 これじゃ再開後のペナントレースが思いやられる。

 GとDのマッチレースの様相を呈したペナントレースの7月は、その2チームと15試合を行うことになる。
 Gの内海、高橋尚、Dのヤママサ、中田などTご苦手とするPが集中的に向かってくることが予想される。このままで、いいのだろうか。

 ペナントも中盤に差し掛かった今、打てないメンバーの復調を期待してはいけない。もはや、それが現在の実力であることを知るべきだ。
 それゆえ、台頭してきた桜井や狩野、庄田らのメンバーを軽んずるなかれ。
 彼らには、いまのレギュラーほどの苦手意識はあるまい。苦手攻略の水先案内人になってくれるやも知れん。
 くれぐれも、交流戦が終わってDHが無くなるとの理由で、彼らを抹消する無かれ。(これを心配しなくちゃならないところが、またミソなんだけど・・・・)

 結局、再開したら旧態依然のメンバーで相変わらずの苦手を苦手とした戦いをしてたりして・・・・・。
 桜井や狩野、庄田も自分達がアピールしなきゃならない部分はわかっているだろう。また、自分達の欠点も自覚しているはずだ。
 しかし、こういう絶好のチャンスって言うのは、そうそう巡ってくるもんじゃない。こころしてかかって欲しい。

 もう過ぎたことは言うまい。
 明日の見える戦い方をしてくれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | - | 22:11 | comments(0) | - |

コメント
コメントする