CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 5−3 対読売 Jの不在を嘆いてみる | main | 8−6 対中日 連夜のシーソーゲームを制す >>
8‐5 対中日 再開を告げる鐘の音は
 タイガースの勝利を奏でる鐘の音だった。
 ミスが呼んだとはいえ、最後まで勝負の分からない死闘といっていい試合だった。

 この試合、オレ竜は余裕を見せたフリして山井の先発。
 正直、仕切りなおしはエース・川上でと思っていたが、どうも虚勢を張るのがオレ流らしい。
 対して、我らが岡田・タイガースは、これでもかっていうくらい正攻法。
 今岡・シーツのスタメン起用で後半の開幕を迎える。
 本来、追い上げる立場と逃げようとする立場なら逆になりそうなんだけどね・・・。
 ナゴドということで、シーツの守備と林・桜井の1塁線の守備力を考慮に入れたんだろうけど、やはりここは乗ってる者に乗ったほうが良かったと思う。明日は、桜井をスタメンにと思うが、今日シーツが活躍したから無理かね。
 シーツをサードでってわけには行かないのかな?

 先制し、追いつかれ、逆転される。
 これを追いつくも、すぐ突き放される。
 しかし、粘ってこれを逆転。でもまた、追いつかれてしまう。
 そして最後に、切り札岩瀬を攻略、突き放すという、流れがあっちこっちと動く試合を制したのは、今年は見られなかった粘りと“勝とう”とするチャレンジャー精神の表れだった。

 岡本をビビらせた桜井の威圧感。
 岩瀬の初球を迷わず振り切る狩野の思い切り。
 岩瀬への止めになりそうだった林の打球の速さ。
 みんな以前には見られなかったものだ。
 それほどつらい前半戦が糧となり、新しい戦力が芽吹いている。

 ただ心配事は、ジェフを欠く中、球児の調子が?な点だ。
 今日の試合の波に飲まれたからかも知れんが、どうも速球のキレというか伸びに以前の凄みが失せている気がしてしょうがない。
 ただの杞憂ならいいんだけど、故障とかじゃなければいいが・・・・。

 なにはともあれ、今日の試合を取ったのは大きい。
 これから上位との差を詰め、ダンゴ状態を演出するのか、離され3位狙いに切り替えざる得なくなるのか、分かれ目の試合だったから。
 なんとか、この中日と横浜との試合を勝ち越していければ、先が見えてくる。
 混セにもって行くためには、あすの試合が大事だ。

 ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。