CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 8−6 対中日 連夜のシーソーゲームを制す | main | 5−2 対横浜 策におぼれた三浦を攻略 >>
3−2 対中日 ナゴドで3タテされたんじゃなく、したんだよ!
 オレ竜にとっては、負けられない一戦。
 川上を先のカードを睨みながら3戦目に持ってきた。先の2戦を落としただけに、エースをたてて3タテを喰らうことだけは避けたい一戦だ。
 対して、タイガースは、故障復帰のボーグルソン。
 球数が多く、ランナーを出すけど、なんとなく抑えていくのが持ち味?の見てるファン泣かせのPだ。
 ある意味、ボーグルソンが後半に向けて使えるかどうか、計る意味も含まれた試合だ。

 ジャンが軽症のため、ジェフ復帰後の外人枠の使い方が問題。
 ダーは、このところハシケンの穴を埋めるべく、好投が目立つ。使い込まれて安定してきた気がする。
 ポジションがはまっているだけに、難しくなってきた。
 シーツに復調気配が無ければ、いっそのこと全部PでOKというところだが、シーツに復調の気配が出てきたから厄介だね。

 そんなこんあの先発で始まった。
 予想外のボギーの好投で、3連戦ではじめて投手戦となった。
 アニキの一発と林の3ベース、矢野の犠飛で3点取ったタイガースが、DKFで繋いで、1点差を守りきった。
 タイガースにとっては、5割復帰と苦手ナゴド克服の大いなる意義ある勝利となった。

 大きかったのは、アニキの一発で逆転した後、3ベースの林をしっかり返した事。前半は決まって、こういう場面での得点ができなかったんだから。
 打線は確実に上向いてきている。

 しかし、川上で落とした、オレ竜はなんていうかね。
 しっかり、負け惜しみで、動じてないポーズを作るんだろうけど、これでDも走る力が無いのは見え見えとなった。
 あとは、この後の横浜戦をしっかり、戦いたい。
 是が非でも、勝ち越し貯金を作りたいところだが、FK(Dもだけど)の3連投が気になる。
 できれば、活気がでてきた打線で、FKに休みを与えてやりたいねぇ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。