CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 9−8 対読売 代打の神様、降臨 | main | 9−8 対読売 JFKを休ませろ! >>
2−1 対読売 メークどんでん
 いよいよ、その時が来た。
 実質負け数の差があるので、すでに首位に立っていたという見方もあるが、今日で名実ともに首位に立つ。

 トリと葛城のHR2発で快勝、・・・・怪勝?
 それを支えたのが、先発安藤の好投だった。
 今日の安藤は、球威・キレ・コントロールともに申し分なく、なんか大きな記録を残すような雰囲気さえ持っていた。
 
 思えば、前半低迷の戦犯扱いされた日々であったと思う。
 故障により、ポスト井川の一番手候補が、福原とともに開幕を2軍で迎えることになった。
 タイガースの低迷が続く中、その力に慣れす悶々とした日々を過ごしてきたと思う。
 それが、この9月の山場に間に合った。
 そしてこの9月にこんな舞台を用意してくれた、チームメイトに感謝の意味を込めての力投だったと思う。
 9月に強く、「ミスター・セプテンバー」とも言われる安藤が戻ってきたのは大きい。
 これで安藤が最後の直線の軸となることができる。がんばれ!

 さて、最大12ゲーム差を追いつき、ひっくり返した。
 これで、最後まで持っていければ、いつぞや11.5ゲーム差をひっくり返した、どこぞの球団が「メーク・ドラマ」とか言っていたのを上回ることになるなぁ。
 まさに「メークどんでん」。
 去年成し遂げられなかった「岡田タイガースの大どんでん返し」の2年越しの完遂となる。
 ここまで、来たんだ。絶対、完遂して見せてくれ。
 タイガースには、その資格がある。

 ぐぁんばれ!タイガース

 PS ジェフが心配です。
    本当に腹痛なんだろうか?無事であることを祈ります。
    最後はJFKの3人が揃っていて欲しいから。
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。