CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 5−3 対広島 竜虎決戦前夜祭 | main | 2−0 対中日 美しき弧を描く打球 >>
5−7 対中日 意地を張り、砕ける
 ストレート勝負だった。
 最後まで、どんなことがあってもストレートに拘った。
 見てるほうとしたら、「フォークをなげてくれ!」と祈るような気持ちでいたけど、球児の意地はそれを許さなかった。

 どうしても勝負だった。
 1塁が空いていても、相手の唯一の得点源のウッズであっても、久保田が選んだのは勝負だった。
 決して、歩かせるなどという選択肢など存在しないかのように。

 そして、球児も久保田も砕け散った。
 それは、見事な果し合いの果ての結果を見るような勝負だった。
 だが、思うのだ。
 今日の試合は、勝ちたかった。
 どんなにみっともなくとも、逃げ回って姑息と呼ばれようとも、今日は勝たねばいけない試合だった。
 これで、Dと0.5ゲーム差だ。
 最後の最後になって、今日の勝負を悔やまぬよう、これからの戦いを乗り切って欲しい。

 今日のFとKの勝負を超えた意地。
 後から、あそこで「フォークを投げたら」「歩かせたら」というのは簡単だ。私情よりチームの勝ちを優先させるべきだとも言える。
 だが、すべてタイガースが選んだ選択なんだ。
 これから先の試合で、今日の負け、選択に悔いを残してはいけない。
 それには、今日の勝負を倍返ししてやるしかないだろう。
 チーム全体で、明日から球児と久保田が砕けた勝負を倍返しにしてやろう。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。