CALENDER
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 練習試合 対北海道日本ハム | main | そろそろエンジンを >>
正田の正体?
 多分、このキャンプで投手陣の期待の一人に正田樹の名は間違いなく挙がってくるだろう。
 なるほど、ブルペンでは長身から角度のある球を投げ下ろしている。これに、得意の大きなカーブがあるのだから、いやがうえにも期待は高まる。
 甲子園の優勝投手であり、新人王を取った経歴もある。
 でも、何故金沢とのトレードに応じられたのだろうか?

 故障がらみで伸び悩んだとはいえ、新人王を獲ったトラ1の左腕だ。
 今季、金村とのトレードでヤスを獲ったことでも、日ハムが左ピッチャーを必要としていたのは明白だ。
 それが、かくも期待の持てる左腕を金沢とのトレードで出していいものなのか?
 それは、故障以上になにか訳でもあるのだろうか。
 この間の、ヤクルトとの練習試合での失点の仕方をみると、なんとなく見えてくるものがあるんだろうか。

 そういえば、「猛虎キャンプレポート」で、正田を移してた時、福家さんと中田良だったか湯舟だったかが彼のフォームで気になることを言っていたのを思い出す。
 つまり踏み出す足(正田は左だから、右足になるね。)のつま先が開き気味だというのだ。
 つまり、つま先が開くと、膝が開く、これは体が早く開くことにつながり、腕が早く出てきて、球の出所が非常に見やすくなる(バッターかから見てね。)ということを指摘していた。
 なるほど、良く見るとつま先が開き気味に入っているのが分かる。
 隣で投げてた、江草のつま先が内側を向いて入っているのと対照的だった。俗に言う、「球もちが良い」って言うのはこういうところからも着ているのかと妙に感心してしまったのを思い出す。

 そして、正田の場合。
 ブルペンでの投球は眼を見張るものがあり。あの角度から振り下ろされるストレートの威力からして、ヤクルトの若手に簡単にはじき返されるようには見えないのだが、あるとすればやはり、球の出所が見やすいって事なんじゃないかと思える。
 これが、正田の正体とすれば、なんとなく分からんじゃないけど、でもそんな誰もが気づくようなフォームの欠点を指摘されてない方がおかしいと思わない?
 散々指摘されても、それを直すことが出来ないという部分に彼の欠点があるのかも知れない。故障を直すこと優先でそこまで行ってないのかも知れないけどね。

 いずれにしても、正田の素質がこのまま埋もれては忍びない。
 筒井が伸び悩み、小嶋がまだまだ、本格派左腕として期待されるのは彼と岩田くらいだろう。
 井川以来の左の本格派としての希望をもてるだけに、このままではいけない。
 直すところは直し、押しも押されぬローテションピッチャーとして飛躍することを願うばかりだ。
 正田の正体は、もっと次元が違うところにあると信じたい。
 がんばれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 選手 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。