CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 7−0 対横浜 亀ヘッド復活す | main | 4−2 対広島 オスギの種まき >>
5−3 対広島 ジェフはどこへ行った?
 初回から金本のスリーランで一方的な展開になるかに思えたスタートも、例の止めを刺せない優しい打線に助けられ終盤は接線の様相を呈した展開だった。
 
 先発のアッチソンは、不安定ながら広島の拙攻にも助けられ何とか勝ち投手の権利を得て降板。
 江草・渡辺を挟んだ継投は、球児か久保田を休ませる為のもので、久保田・ジェフか、ジェフ・球児という継投に続く物と予想された。
 ところが、次にマウンドに上がったのは久保田で、抑えは、やっぱり球児。
 先の横浜2回戦では、JFKの一人を休ませる名目でジェフが休みをもらったはずだ。
 当然、今回休みを与えられるのは、KかFと思っていた。

 セーブがつく場面だから、球児ははずせない。
 久保田は投げたがりだから、休みを拒否。結局ジェフがお休み。もともとスロー調整をしてきただけに大事をとっているってことならいいんだけど・・・・。
 ジェフは、年に何回か離脱することがある。
 開幕戦に投げて、なにかしらの異変があったのでは、ないだろうか。気になる。
 明日は下やんの先発が予想されるだけに、JFKの出番は必須。
 ジェフは投げるのだろうか。投げないとすると故障が疑われる。
 
 案外、オスギが先発の可能性も有りだね。
 オスギがはまれば、完投もきたいできるから、JFK揃って出番なしっていうこともありかもしれん。
 ジェフは次のG戦に備え温存している。そう考えられないだろうか。
 
 今日は、4連勝の喜びよりも、ジェフの心配が先になってしまった。
 全て杞憂で終わってくれることを祈るだけだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。