CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 4−2 対広島 オスギの種まき | main | 6−1 対読売 ついに鳥の巣立ちの時来る >>
2−4 対広島 初の敗戦の味は苦かった
 開幕勝ち続け、赤・平の1,2番が走り回り、昨年から随分得点力がアップしたとの錯覚に陥っていたのかも知れない。
 今日のような試合で、1点、1点を取っていけるようでないと真の得点力アップに繋がらないといえるのでは・・・。

 1,2番がいかにかき回そうと、それをホームに向かいいれる打者が不振であれば結局残塁に終わる。
 開幕以来、新井・金本の3,4番のロケットスタートに引きずられて、この2人が打たせてもらえないとき、いかに点を挙げていけるかという課題が隠されていた。
 そういうときこその今岡であったり、ルーであっりするのだが、4番以降で頼りになるのは、いまのところトリしかいない。
 ここにチャンスを継続していくことが大事なのだが、そのためのなすことを見出せないで入る。
 これは、遅かれ早かれ出てくる課題ではあった。

 この解決には、5番の復調か、見極めしかないのだが、サード新井、ファースト葛城というバージョンも試さなくてはいけなくなるかも知れない。
 それよりなにより、今岡がしっかりしてくれることを祈るのだが・・・。

 好事魔多し。
 ジェフが左肩痛ということで登録抹消。(やっぱり、長引かないことを祈るのみだが・・・)
 今岡の状態の不安が浮き彫り。
 そして、片目を開けたGとの3連戦。移動日なし。
 今シーズン初の黒星は、いろんな不安を目覚めさせてくれた。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。