CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 3−1 対読売 岩田、貧打を隠す | main | 3−2 対中日 九死に一生(球児に1勝) >>
1−9 対読売 福原の処遇について考える
 なんかこう、打たれるべくして打たれる。借金型のPそのものなんやねぇ。
 ストレートは走らん。
 力が伝わらん脱力フォーム。カーブは高い。
 そこそこの実績もあるから、相手にとっては自信をつけるにはもってこいのPとなってしまった。

 不調を極めたG打線でも、今日の福原の攻略は容易だ。
 若い亀井や坂本に自信を与えてやるのにちょうど良い。
 ラミレスだって自信回復でしるし、3連戦の最後にビックなプレゼントを差し上げたってわけだ。
 
 しかし、昨年の故障以来福原は「昔の名」だけのPに成り下がってる。
 正直、寅吉の中での福原の位置づけは、ローテの中でもっとも危険なPだ。
 安藤・岩田といういい流れで来たものを、ブチ切ってくれた。
 先の横浜戦の完封は、夢か幻。っていうか、横浜打線の不調と拙攻に助けられてのもので、普通は5回も持たないような内容だった。
 今日も、2点取られたところで限界だろう。
 5回の1死1塁の場面で、代打を送るべきだった。
 これが、バントを敢行し、併殺に終わった時点で、福原の崩壊は決定したも同然だった。

 これからの福原の扱いが難しい。
 一時のストレートの輝きがない福原は、低目へのコントロールとカーブの緩急で討ち取っていかねばならない。
 その低めのコントロールが一定の安定感が無く、高めに浮くことがしばしばありえるものだから、信頼感は低い。
 安藤と2人でローテの柱になどと言われているが、安藤のコントロールとは雲泥の差がある。

 できれば、早期にローテを、金村か上園あたりと交代させたいところだ。
 ただ、故障でもない福原を2軍に簡単に落とせないし、中継ぎや敗戦処理を任せるわけにもいかんやろ。(そういう非情さが岡田監督には欠如してるもんなぁ。)
 ストレートの力感が戻るまで、2軍でミニキャンプというのが一番必要なんだろうけど・・・。

 そして先発が早くにこけると、隠れていた貧打が顔をだす。
 実際、点が取れない。ヒットがでない。
 この状態は続いている。
 金本便りの打線からの脱却は、走塁意欲の進歩じゃ認められるもまだまだ機能してはいない。
 
 次は投手力の中日相手(Gの3戦目が川上って位いうことは、言うほど駒が豊富とは思えないのだが・・・)だけに、初戦のアッチソンのピッチングにすべてがかかる。
 まずは、金本の2000本を勝利で飾るため、一丸でがんばれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(3) | - |


このまま福原をローテはずさないと昨年の二の舞に「2ヶ月未勝利」になる可能性は高い。オープン戦から、全体的に高めに浮く球は修正できていない

ほしの | 2008/04/06 7:27 PM

巨人ファンなんですがw
いぃこと言いますねー

阪神ファンには
いぃイメージもてなかったんですがw
少し感心しました

GIANTS OTOKO | 2008/04/06 10:40 PM

(1)福原のピッチング内容
(2)非情さに欠ける岡田監督

 全く同感です。

岩国の虎 | 2008/04/07 9:37 PM














バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。