CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 6−3 対横浜 祝2000&1000=3000本安打 | main | 5−0 対広島 アッチ3連勝! >>
3−1 対横浜 貧打線の勝ち方
 今日は、久々の二桁安打だから貧打ともいえないと指摘されそうだが、実際、8回まで圧倒的に試合を押しながら、決定打を欠いてウッドに押さえ込まれたのは事実だ。

 そのウッドに比べ、福原は前回の汚名返上か、はたまた対横浜の相性のよさに裏づけされた自信からは、5安打散発。前回の横浜戦の完封勝利より内容は上だったような気がする。

 しかし、3、4番で同点、逆転打。
 トリが最後の3点目とこの3人が打たないと勝てないという見本の試合。
 貧打線が得点を挙げるのは、3,4番が打つほかに方法がない。
 赤星が、桧山の打球でサードに戻ったのは仕方が無い。
 昨日の金城のファイクにだまされたのとは訳が違うので良しとして、逆転してからの今岡にもう一押しを期待したいところだが、そのバッティングは期待に添えないことを証明するかのようだった。

 ここで切れるのが痛い。
 8番の矢野の調子が上がってきているので、5番というポイントゲッターの打順で攻撃の流れを切ってしまうのは、余りに痛い。
 ここが快勝されないと、得点力不足のタイガース貧打線の解消はおぼつかないと思うのだが・・・・。

 今岡の復調?をいつまで待つのか?
 その可能性がどの程度あるものなのかは不明だが、一応勝ち星が上がっているうちに、次善の策が必要だと思う。
 今岡を引っ込めた後、セッキーをサードに入れるのでなく、サードに新井を廻し、ファーストに葛城、もしくはセッキーでも可だから、そういうシフトを敷いておくことをお勧めする。
 いづれ今岡の復活が見込めなくなれば、サードは新井、ファーストは葛城と林ということになる。
 特に、今年の葛城の充実振りから、いいときに使ってあげたいとおもうのだ。


 ここまで、各カードで勝ち越しを決めている。
 明後日からは、広島と2回目の対戦。その後は好調スワローズだ。
 去年やられたCと好調Sには、しっかり戦わないと足をすくわれる危険性が大だ。決して油断してはならないし、弱みは見せられない。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。