CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 3-9 対広島 交流戦ユニの不吉 | main | 5-2 対広島 終盤の追い込み >>
4-2 対広島 雨降って地固まるのか?
 この北陸シリーズは、かなりタイトな戦いになると思っていたが・・・。
 広島は、ルイス・大竹・高橋と現状の3本柱を投入してくる。
 対してタイガースは、下柳を除くと、外人P2人。投げさせてみなくてはわからん。
 そんななか、今日の試合がシモヤンVS大竹で、一番分がいい戦いが出来る日だと思っていた。

 試合は、平野のエラーで先制されるも、その1点で凌いだシモヤンが好投。対する大竹もナイスピッチングなんだが、このPは、必ず終盤に乱れを見せる。それ故、1点差でついていくことが出来たのが大きい。

 5回の1死満塁を今日のインケツ・平野の併殺打で逃すも、6回に桧山の2ベースで同点とすると、7回に相手のミスから得点を追加、新井の2ランで勝負を決めた。

 平野の調子が少しおかしい。
 いちも全力投球ゆえの、へばりかもしれない。
 ここは、いつかのように少し休養を与えてやることも大事じゃないかな。
 いつも全力がモットーの平野にとって、適度に休養を与えてやることが長く活躍させることに繋がる、そう思うんだけど・・・・。

 久保田は、持ち味半減。
 あの思い切り良く、思い速球をズッド〜ンと投げ込む持ち味が影を潜め、丁寧にいこうとしすぎて墓穴を掘っている気がする。
 ここは、開き直りしかないのかもしれない。
 そういう状況に追い込むことで立ち直るかもね。がんばれ!

 新井の一発は、見事の一言。
 一番HRが欲しいところで、それを打てた。
 これからは、もっとエンジンがかかるかもね。

 さて、今日も終盤雨の中、一応勝利の方程式・JFKで勝つには勝ったが、どうもピリッとした勝ち方ではなかった。
 しかし、こうして結果を出しているうちに、地も固まってくると思う。
 もう少し、ハラハラしなはら見守る必要があるかもね。

 明日は、ボギーの出来が問題。
 ボギーがローテでいけるという結果を出してくれればいいが、広島打線も侮れない。厳しい戦いが待っている。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | - | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。