CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 4-2 対広島 雨降って地固まるのか? | main | 8-5 対東京ヤクルト 画竜点睛を欠いたか? >>
5-2 対広島 終盤の追い込み
 中盤までは、広島の宮崎の前に手も足も出ず、淡々ムード。
 6回の裏には、先頭の天谷のサードファウルフライを坂が取れず、これをきっかけに追加点を与え、いよいよボギーの見殺しムードが漂ってきた。

 そう、ボギーはナイスピッチングだった。
 この北陸シリーズで振れているカープ打線相手に威力あるストレートと変化球をコーナーに決め、危なげない投球。
 これは、しばらくローテで使ってみたいと思わせるに充分の内容。
 アッチがああいう状態だから、ボギーもチャンスだし、2年目の飛躍も期待できるかもしれない。

 そんなこんなのムードを一変させたのは、7回の先頭の金本のピッチャー返し。
 宮崎のフィールディングがうまければピッチャーゴロかもしれないが、金本の気迫の籠った打球は宮崎のグラブをはじいた。
 このあと動揺を隠せない宮崎に、葛城の死球、トリのヒットと流れる攻撃で、無死満塁。タイガースが不得手の満塁のシチュエーション。
 しかし、ここで相手がピッチャーを代え、しかも同じ右ということで迷わず桧山が投入できた。(左がでたら、やっぱり今岡だったのだろうか・・・)
 「代打の神様」襲名の域に近づきつつある桧山の一打は同点の2ベースとなり、一挙逆転の構図を描くことになった。
 しかし、桧山はチャンスで燃える体質に改善されたよなぁ。良いことよ。

 ここからの攻撃が問題。
 今日のインケツ・坂が三振。
 これでまた、当分出番待ち状態になるのか・・・・。今岡が不調の今こそ、右のセッキーと左の坂は出番を増やすチャンスだが、こういう結果だと次が遠のくよなぁ。
 代打・藤本は十八番のポップ。
 やはり、代打の層が薄いねぇ。右も左も・・・。林・桜井がでてこないと解決せんかなぁ。

 ここで同点どまりは最悪。
 流れが再びカープへといってしまいかねない。
 こういうチャンスは一気にひっくり返さないと!という思いに応えたのが赤星。(しかし、よく勝負してくれた。オレ竜ならレッドは歩かされていただろう。)
 ここで、逆転できたのが終盤の流れをタイガースに一方的に引き寄せた勝因だろう。

 これで、ボギーに今季初勝利をつけられた。
 今度は、もっと長い回を頼むよ!
 北陸シリーズも勝ち越して、甲子園に戻れる。
 相手は、前回負け越した東京ヤクルト。(このカードだけだもの負け越したの)今度は負けられない。
 村中は強敵だが、しっかり勝ち越して交流戦に突入したい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。