CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 5-2 対広島 終盤の追い込み | main | 3-0 対東京ヤクルト 雨を飲む男、燕を飲み込む >>
8-5 対東京ヤクルト 画竜点睛を欠いたか?
 若きツバメのエースの地位を築きつつある村中の先発。
 苦戦は覚悟していたが、桜井・バルディリスを先発起用した右打線が功を奏したか、早い回から村中を攻略。
 安藤もさして好調とは思えないながら、燕打線を要所を封じ終盤まで来た。

 期待のバルちゃんにも2ベース、新井・金本の兄弟も良く打った。
 トリのすばらしいスリーベース。
 セッキー、矢野もヒットを記録。
 赤星もしっかり出塁。言うことの無い攻撃振りだ。
 あっ、桜井が蚊帳の外?
 最後にヒットがでたので、気分が変わってよくなることもあるので、これからに期待かな。交流戦では出番が増えるので、頑張って欲しい。

 しかし、最後の2回の失点だよね。
 完封狙いは分かるが、球数も行っていただけに、2点取られた後の9回はリリーフを仰いでも良かったのでは・・・。
 安藤が打たれて3点取られるより、太陽か阿部を投げさせ、例え3点取られて、江草投入という同じ状態になったとしても、相手に与える気分が違うでしょ。
 結局まけても安藤を打ち込み、降ろしたという達成感と太陽や阿部の踏み台につかわれたという屈辱感。
 同じ結果でも相手へのダメージは違うはず。
 そういう部分で、画竜点睛を欠いた試合になってしまった気がする。

 後は、明日の戦い方で点睛を入れていかなければね。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。