CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 4-5 対千葉ロッテ 雨空にポップが舞う・・・ | main | 1-2 対北海道日本ハム 岩田完投報われず・・・・ >>
8-4 対千葉ロッテ 平野↓林↑で勝つ
 本当に痛すぎる平野の故障。
 セカンドと外野が守れる。
 この入れ替えに、林の1軍登録を早めて対応するとは思わなかった。
 取りあえず外野で庄田の昇格かと思ったが、林はDHのある次のカードからだと思った。
 同時に、ボギーを抹消。
 この枠は、アッチが使うのか、金村あたりを試すのか、若竹の抜擢か興味があるところ。

 試合は、一時の調子から完全下り坂、それも底に近づいている安藤が立ち上がりの不安定さを見せ、先制を許す。
 交流戦に入ってから、勝っても負けても逆転でと言う結果から、まさか技とか?とも思える先制のされ方。
 やっぱり、マリーンズが苦手なのかと、重い空気が流れる。

 だが、敗戦の翌日には必ず打つという新井の同点打がでると、後は一気に流れがタイガースへ。(やっぱり、わざとか?)
 完全に止められた根元への当たりも、悪送球を誘い、追加点。
 これも、2死からだからねぇ。
 葛城の金本敬遠の後の一打も、林の復活の一打もその流れの中で出たものだろう。

 しかし、マリーンズは昨日の唐川といい、今日の大嶺といい、すばらしい若いPがいるね。また、すぐに強くなるよ。要注意。
 それと、根元はいいねぇ。
 こんないい選手だったとは、いままで気づかんかった。

 交流戦に入っての勝ち味の遅さは、先発投手陣のバテがでてきてるかな。
 安藤の調子が底で、ボギーがあれでしょ。アッチ、福原が故障で杉山もあれ。
 シモヤンと岩田の両左腕だけ状態。
 中継ぎ陣、特にJとKが調子を取り戻しているから、どうしても終盤勝負になるんだよねぇ。
 そういう意味では、次のファイターズ戦も投手を前面にだした凌ぎ合いになる気がする。
 そういう戦いは、負けられないやね。

 ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。