CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 3x−2 対福岡ソフトバンク 難攻不落の杉内城を落とす | main | 4−1 対オリックス 華の40歳トリオのお立ち台 >>
4−3 対オリックス ひょっとすると・・・
 交流戦の優勝も?
 これまで、5分の戦いが続いていただけに全然考えられなかったが、気が付けば、10勝5敗でファイターズに並んで2位か・・・・。
 首位楽天と2位北海道日本ハムとの直接対決が甲子園なだけに、ひょっとしてありえないことじゃなくなったってことか。

 今日は、アッチソンが絶好の立ち上がり。
 危なげないピッチングで、これでローテ決定かとも思わせたが、どうしたって5,6回になると、突然崩れずにはいられない。
 それが球数なのか、きっかけとなる一打があるのか、ランナーが出てのいらつきなのか、決まって100球前後、5,6回にやってくるピンチを凌いだためしがない。

 また、6回で逆転をされ、いやな雰囲気だったが、さすがに甲子園。ビジターで戦っている時とは違うんだよね。
 その裏に、早速新井が2ベースで反撃。
 サードに進んだ新井を、問題の人・フォードが犠牲フライでキッチリ返し同点。(これは、久々のいい当たり。こういう当たりがでてくればいいんだけどねぇ。)
 今日は負けることが無いという雰囲気を作り出す。

 7回から登板の渡辺が満塁のピンチを招くが、気迫のピッチングでローズを三振に切って取ると、ボルテージは最高潮に高まった。
 その裏、代わった本柳からバルちゃんがツーベース。
 林の進塁打となる外野フライの後、赤星がセンターにはじき返すタイムリー。
 これが決勝点となり、後は久保田・球児のリレーで、ジェフはお休み。
 球児の3連投は勝ちゲームだけに仕方が無いかも知れないが、ジェフを休ますことが出来るのは大きい。

 本来、8回裏のチャンスで大差を付け、球児も休ませたいところだが、贅沢は言うまい。
 ただあそこでルーがもう一度外野フライを上げるなりして、打点を挙げられれば、大分違ってきたんじゃないかなぁ・・・、がんばれ!ルー。

 交流戦折り返しの甲子園4連戦を3連勝でスタート。
 明日、しっかり勝って、上位の楽天と最後の甲子園決戦に持ちこみたいよねぇ。これって、最高に盛り上がるんじゃないかな。
 ノムさんとタイガースの優勝をかけての対決。
 見てみたいもんだ。
 その為には、明日もうひとつ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。