CALENDER
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 4−3 対オリックス ひょっとすると・・・ | main | 6−4 対埼玉西武 またも、所沢で獅子は号泣か? >>
4−1 対オリックス 華の40歳トリオのお立ち台
 ちょっと、早かったんじゃないだろうか?
 きっと、この先この3人なら、もっとよいシュチュエーションで実現できたと思うんだけどねぇ。
 シモヤンが最低7回を零封して、金本がHR、矢野猛打賞なんていうのがシーズンの佳境に入ったところで実現すれば、大盛り上がりだろう。
 なんか、今日は話題作りに、TV局かなんかの意向で、無理無理やってしまったって感じなんだよね。
 (まぁ、充分な活躍はしてたけど・・・)

 シモヤンのお立ち台とJFK揃ってのお立ち台は、ある意味タイガースというチームを、ファンを、大いに盛り上げる最終兵器でもあるだけに大事にして欲しいね。
 安売りだけはしないでね。

 試合は、タイガースが4回に、関本のエラーでの出塁から、4点を奪取。
 しかも、金本の2点タイムリーの後、続いた葛城との2人のランナーを鳥谷・矢野が犠牲フライできっちりホームに迎え入れた。
 ここがいいよね。
 残塁とせず、しっかり4得点。
 バックホームの間に、ランナーはきっちり次の塁に進み、また犠牲フライで戻ってくる。理想的な形。
 また、そういうふにした走塁意識の高まり、それが今年の強さだと思う。
 金本はもとより、葛城、ナイスラン。

 交流戦では久々の先行逃げ切り型の試合で、5連勝を飾った。
 本来のタイガースの勝利の形だけに、いい勝ち方だっただろう。
 あとは、7回のチャンスでだめを押せれば最高だったのだが、どうもルーが・・・・・。あそこは光信でよかったんじゃないかなぁ。
 Pを右に代えてくれれば、切り札・桧山もありだし。今のルーじゃ、菊地原続投だもの、なめられてるよねぇ。

 これで、いつの間にか交流戦の首位に並んだ。
 次の関東遠征次第では、最後の楽天・日ハム戦に優勝を賭けて戦うという盛り上がりを得られるかもしれない。
 それには、まず一歩づつ、目の前の相手を倒していかないと。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。