CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 6−4 対埼玉西武 またも、所沢で獅子は号泣か? | main | 6−10 対千葉ロッテ イラつくのは、アッチが得で、コッチが損 >>
3−6 対埼玉西武 判定に虎が号泣
 しかし、2回裏の細川の死球は当たってないんじゃないの?
 こういう判定ひとつで、その日の試合の流れが左右される。
 勝ち運に恵まれなかった岩田は、この死球でペースを狂わされることになる。
 6回裏の同じ細川の送りバントをフィルダースチョイスにしてしまうのも、そういう流れの中にどっぷりはまってしまったことをあらわす。

 タラレバといわれればしょうがないが、あの死球がちゃんと判定され、2回を無失点で凌いでいれば、その後の展開は大違い。
 たとえ、6回のピンチでも冷静なる処理ができていたし、あの場合でもアウトと判定を得られたかも知れん。
 野球ちゅうのは、そういうもんだからねぇ。

 だからこそ、審判の技術は高めてもらわなくては困る。
 よく言われる、特定球団の贔屓とかは、言いたくない。そんな、贔屓が出来るほどうまくはないと思うからね。
 シーズンオフになると、審判の待遇改善の話が起こる。
 しかし、こういう判定を見せられると、「その前に、技術をアップしろよ!」と思ってしまうのは寅吉だけじゃあるまい。
 待遇改善は、高めた技術により求められる、そう思うんだけどね。
 審判もそういうファンんも声は届いているだろう。
 日々精進願いますよ。ホント。

 ということで、審判に当たってしまったけど、連勝はいつか止まる。
 6連勝でストップされたが、いい時期だったかもしれない。
 相手は涌井だし、ビジターでの戦いだし、中日も読売も楽天も負けてるし。
 全部勝つことができないとすれば、ここで一息入れて、JFKや渡辺・江草を休ませたのも良かった。ハシケンも投げさすことできたし。
 ハシケンを見てると、太陽はもったいないよね。
 ハシケンが中継ぎに定着すれば、太陽がはじき出される。
 上背を生かして、投げ下ろすハシケンを見てると、同型の太陽がもったいないことしてるようで残念でならない。

 さぁ、幕張でのマリーンズ戦が交流戦のビジターでの最終だ。
 ここで、マリーンズへ苦手意識を払拭するような戦いを期待したい。
 そして、甲子園へ凱旋してこそ、交流戦Vを目指す資格が出てくる。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。