CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 7−2 対東京ヤクルト 最高のリスタート | main | 8−3 対中日 普通通り、やったらええんよ >>
4−9 対東京ヤクルト 一転悪いところが噴出す
 エラーがらみで3点を先制されるも、すぐに逆転。
 さずがに今首位を行くチームの強さを発揮するが、ここまで。
 再三の追加点のチャンスを、「うちらJFKがおるさかい、これ以上得点いらへんねん。」「あんまり差がつくと球児のセーブがつかへんねん。」とでもいいたげな拙攻続きで、1点差のまま終盤へ。

 特に5回の1死2,3塁でフジモンが初球を打って、ポップ。
 これが痛いねぇ。あとあとボディブローのように効いて来る。
 制球にバラツキがあった館山だけに、じっくり攻めたいところ。しかも初球のボール球に手を出し、ポップ。
 2回のチャンスも飛んだところが良かっただけで、打球はポップフライ以外の何者でもない。
 こういうことを繰り返すと、永久にレギュラーはないな。
 平野の故障で巡ってきたチャンスでを活かさないとなれば、早晩平野の復帰で控えに戻らざる得ない。

 試合は、同点に追いついた後、7回の表を松岡がピシャと押さえたことで流れがスワローズへ傾き始める。
 こういうピッチングが大事なんだよね。
 その前の同点に追いつかれた場面でも、江草・渡辺というのはランナーを背負っている場面でのリリーフではよく失敗している。どうせなら、上園の粘り強さに賭けても良かった場面だ。

 傾いた流れは、JKをも飲み込んだ。
 ジェフも先頭の宮本に初球をヒットされ動揺が見えた。
 本来の球威・キレで相手を押し込むようなピッチングができず、丁寧に行くことが隙を生む。
 久保田にしても福川の2ベースで狂い始めた。
 ズ〜ドンと力で押し込む投球が戻り始めてただけに、ここで打たれたのはショックだろう。
 まぁ、交流戦ブレークで間隔が空きすぎたのもあるんだろうけど、早く調子を取り戻してもらいたい。

 結果、一方的な結果となる。
 昨日と逆に、追加点を奪えない拙攻、エラーをふくめて守備の破綻、リリーフの失敗と悪い所だらけだ。
 交流戦明けの試合を快勝し、油断が出てき始めるところだっただけに、次の中日戦に臨むための戒めとしたいね。
 まだ、まだ手綱を緩める時ではない。
 貪欲に点を取り、勝ちに行かない、油断禁物。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。