CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 9−4 対横浜 折り返して、尚強し | main | 5−3 対読売 薄氷を踏んで >>
8−7 対横浜 ジェフの不安、球児の自信
 まぁ、凄い試合だったこと。
 本来は、8回に横浜に3点が入った時点で試合は終了だ。
 このとこと、出てくるたびに打者に捕らえられるジェフが心配だ。

 左のサイドから150キロ近いストレートとカミソリのように切れるスライダーが武器のジェフが普通の状態なら、決して打たれることがない、そう思えるピッチャーだと思う。
 それがこうも失点を重ねるとなにか狂いが生じている、そう思わざる得ない。
 一番は、スライダーの使い方。
 このところのリードは、完全にストレートが主体だし、スライダーは見せ球のようにしか使われていない。しかも、そのキレに過っての面影を感じることができない代物となっている。
 スライダーを思い切って投げられない何かがあるのか、ストレートを早くするため、若干腕の位置を上げたのが、スライダーに悪影響を及ぼしているのか・・・・。
 相手にとって、厄介このうえないPから、絞り込みやすいPへと変わってしまっているのじゃないだろうか。

 そのジェフの失点を補って余りある攻撃を見せた9回であったが、セッキーのタイムリー、新井のタイムリーも見事だが、あそこでHRを打てる金本がまた凄い、凄すぎる。
 こういう乱戦模様の試合は、得てして絶対的なストッパーをも巻き込んでしまうことが良くある。
 その波に飲み込まれたのが、横浜の寺原であり、その波を跳ね返すだけの力を見せたのが球児だったのだろう。
 さすがに、今季フォークを交え、絞り込ませなくさせているピッチングは、今日のような展開では効果を発揮する。
 きっと球児には、今日の試合の波を跳ね返す自信とその裏づけが取れていたのだと思う。

 さて、前半の残塁の多さと 5回で降ろした上園のことが気になる。
 チャンスを逃し、逃しているのは打線が下降線に落ちいる前兆にもなりうることなので、最終回に見せたような集中力を切らさず、チャンスは確実に物にする姿勢を保ってもらいたい。
 あと上園には、もう少し長い回を投げさせるようにしなくてはいけないんじゃないだろうか。
 その為に、今日のような試合は適切な場だったと思う。
 同点になるまで、7回までは上園にくれてやるつもりで、任せてもよいと思うのだけど・・・。球数も100球までは、まだいってなかったのだから、当然6回も続投させないと。また、そんだけの信頼を得られるPになって欲しいという願望がある。それにはまず、立ち上がりをなんとかしないとね。がんばれ!

 それでもこれで6連勝。
 7月に入って負けないしで、甲子園に戻ってG戦ということになる。
 できれば、ここでGに引導を渡し、独走態勢を強固なものにしてもらいたい。
 下では、若竹がノーヒット・ノーランをやらかしたそうだ。
 はやいとこ、1軍で使ってみたいとも思う。
 そういう余裕が出来るところまで、あと少し。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。