CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 0−1 対広島 強敵・カープ2 | main | 0−6 対東京ヤクルト 新井の首に鈴をつけよ! >>
5−2 対広島 ヒロシとイクロー
 ついにセッキーが5番に入るスペシャルバージョンの試合。
 左の高橋健が先発という理由も合ったのだろうが、新井が腰痛のため、打線が3番で切れる可能性が高い。それは、4番の金本がチャンスメークの役割を担うことを意味する。
 その為、5番のセッキーが繋ぎの「2番」の役割をもった5番として、6番のトリとの橋渡しをしていく、そんな意味合いがあったのではないだろうか。

 試合は案の定、打線のめぐりがかみ合わず、新井で切れる打線となり、高橋健を追い込みながら、攻略できない序盤戦。
 逆に広島にはワンチャンスを物にされるという嫌な展開となった。
 ただ、カープの得点後のピンチを再三攻守で救ったのは、「ヒロシ」ことバルディリス。
 逆転の口火の2ベースも効果的だったし、駄目押しの5点目のタイムリーとあわせ、葛城に勝るとも劣らない功労者だったのではないだろうか。グッドジョブ。

 さて、タイガースの得点は、下位のバルディリスから作ったチャンスで赤星がタイムリー。
 平野とのエンドランで、腰が回らない新井に外野フライでOKのシュチュエーションを作るという理想的展開にて、一時は逆転した。(平野の飛び出しは、要注意。次が金本だけに無理することはない。ハーフウエイで止まっていて良かったんじゃないか?)

 先発金村も良く投げ、初勝利の権利目前で、栗原に同点となるヒットを貰う。
 今日の広島打線は、徹底してピッチャー返しを全体で実行しており、往年の「赤ヘル旋風」を思わせるいやらしさがあった。
 それに、6回を2失点で耐えた金村も仕事をしたと思う。

 そして、8回のチャンスは、やはり金本の四球から。
 5番セッキーがバントの構えでストライクを見逃し、金本が2盗に成功。
 ある意味ギャンブルプレーだが、相手の送りバントという決め付けの隙をつく見事なサインプレーだった。
 送りバントにしても、次のトリは歩かされ、7番に入った久保田に代打桧山で勝負になることは読める。
 先に盗塁させておいて、いきなり桧山で勝負すれば、後ろにトリがいるだけに勝負は避けられない。
 桧山が討ち取られれば、トリ歩かし、代打葛城勝負。
 1発勝負の前者と2段構えの勝負の後者。
 岡田監督は、後者を選択したということなんだろう。

 この勝負に応えたのが、葛城育郎。
 桧山凡退、トリ敬遠のあと、見事な1塁線を抜く3ベースだ。
 これで岡田監督の采配は勝利えお得た。
 バントの構えで盗塁をアシストし、代打・桧山に場を譲ったセッキーも功労者だし、ちゃんとフォローは出来ていると思う。

 そして、葛城と天秤にかけられて、敬遠されたトリには、やはり相手チームに警戒される何かがあるんだろう。
 寅吉的には、代打で勝負強い葛城より、トリ勝負を選択すると思うのだが・・・。
 カープも葛城勝負という博打を打って、敗れたということなんだろう。
 そういう駆け引きの面でも、今日は見ごたえのある好勝負だった。

 なんとか、強敵・カープにも勝ち越すことができた。
 気がかりは、打線が少し下降線をたどっていること。その象徴は新井であるのだけど、腰痛って試合に出ながら快方へ向うものだろうか?
 休養こそが特効薬とすれば、明日1日で何とかなるものだろうか。
 新井の復活こそ打線の復活となるのだが、五輪期間中の予行演習でもかまわないので、もし1日で快方に向わない場合、次のヤクルト戦を休ませるのも考えて欲しい。
 あとセッキーをクリーンナップに入れるなら、3番の方が良いと思う。
 赤星・平野・関本って繋いでアニキに渡す。
 5番に新井で(どうしても休まない場合。)外野フライとか楽なシュチュエーションを作ってあげる、その方が良いと思うのだが・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。