CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 7ー2対中日快勝? | main | 1−3 対読売 舐めてもらっちゃ困るよ >>
6−7 対中日 追い詰めても、負けは負け?
 結局、余計な点を与えると、追い詰めてもその余計に上げた点にの分追いつかないという試合の見本。
 
 中日との相性抜群の金村の先発。
 これを、去年までの中日にいなかった、金村キラーの和田の一発で先制を許す。
 ここまでは、ショウガナイ。どうにもならない相性っていうのは、確かに存在すると思うから・・・。
 ただ、その後あたかもその一発を悔いて、動揺しているかのようなピッチングをしたのは、いただけない。
 ノリに四球。(これが一番いけない。)
 小池にツーベース。谷繁に半分敬遠の四球で無死満塁。
 Pの吉見のセカンドゴロを焦ってワンバン送球の平野。これをキャッチし損ねた野口。やらずもがなの1点を謙譲。
 これが余計な点。

 3回は、先頭の森野に出した四球が、ノリの3ランに結びつく。
 これも、苦手和田を打つ取った後の心の隙をつかれたもの。
 そして、5回にウッズにHRを喰らったショックで、続く和田に喰らったこの日2本目のHR。これが余計な点第2号。

 ここまで、余計な点を与えては、幾ら追いかけても結局、一歩及ばず問い結果になるのは目に見えている。
 それでも、あわや逆転という場面まで持ち込んだのは、タイガースの勢いが中日のそれを凌いでいたからだ。
 だが、この回2本目のヒットを期待させるほどフォードの現状は甘くはなかったって事だろう。
 
 まぁ、岩瀬を引きずり出して、「今年のタイガースは強い」という意識を持たせたことと、JFKを使わず、金村5イニング引っ張った後、阿部と新人の石川でこの試合をまかなったこと。この収穫の方が大きいと無理やり納得するしかないね。
 石川は、前回のスワローズ戦より腕も振れるようになっていたし、良くなってるね。

 マジックは遠からず出るものだから、別に焦る必要もなし。
 トリが3番で機能しそうなことと、セッキーが5番でもいける(何番でもいけそう?)ということが、新井離脱後の収穫として出てきている。
 一歩及ばずの負けは負けだけど、今日のように収穫が大きければ、良しじゃないかな。
 あとは、一歩一歩歩みを進めるだけだ。
 明日からの読売戦も、しっかりした戦い方をして欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。