CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 6−7 対中日 追い詰めても、負けは負け? | main | 7−4 対読売 一丸となる >>
1−3 対読売 舐めてもらっちゃ困るよ
 ジャイアンツが、木佐貫が、鶴岡がそう言っていた。
 決して、油断することなく、慢心することなく、といえども現状の成績から。心に隙が生まれても不思議じゃない。
 
 決して、満足できる敗戦なんてないんだ。
 昨日の中日戦。
 最後の追い上げで、オレ竜をあわやというところまで追い込み、心肝寒からしめることができたと、満足してなかったか?
 昨日の敗戦を、こころから悔しがっていたのか・・・・。

 翻って今日の試合。
 この3連戦では一番くみしやすい、木佐貫の先発。
 ここ数年相性の良い読売相手に本拠地の甲子園で試合が出来る。
 スワローズ戦までの貧打は、昨日までのドラゴンズ戦では、なんとなく解消した気になっていた。
 昨日の追い上げで、今日の試合は、黙ってても勝てる、そんな気になっていなかったか?

 先発の岩田。
 4回に簡単に2アウトを取った後、坂本にヒット。
 次の打者がこの日マスクをかぶった鶴岡。
 次がピッチャーの打順であるにも関わらず簡単にストライクを取りに行ってHRを喰らう。
 2アウトで8番の鶴岡ということで、どこかに舐めた気持ちがなかったか?どこか油断した気持ちがなかったか?

 こういう試合をすると後を引く。
 ただでさえ、新井・林を欠いている上、金本と赤星が下降線。
 得点能力は、格段に落ちているのは確かだ。
 そういう時に、変な錯覚から試合を失うと、後々に効いてくる。
 今年のタイガースは、その戒めがちゃんと出来ていたから、今この位置にいるということを、今一度思い起こしたい。

 明日は内海だ。
 戒めるには格好の天敵のひとり。
 今一度、原点に戻って、みんなで力をあわせ、繋ぎまくる戦いを見せて欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。