CALENDER
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 1−3 対読売 舐めてもらっちゃ困るよ | main | 0−5 対読売 マジックだけが減りました >>
7−4 対読売 一丸となる
 こういう試合だ。
 昨日の嫌な負け方。
 相手のPは、天敵・内海。
 新井が林が抜け、金本アニキが絶不調、赤星もどうやら首痛が怪しい・・。
 不利な要素がこんだけ多いと、逆にチームはまとまる。
 シーズン当初の「みんなで繋いで勝つ」という初心に立ち戻るには格好のゲームだ。

 そういう要素に、更に輪をかける先発・上園の不調。
 どちらかというと、その度胸でイケイケドンドンのPだけに、立ち上がりの躓きは痛い。
 毎回この立ち上がりでやられるケースが多いと少し考え直さないといけない。
 まぁ、今日はバルのエラー(?)が躓きを大きくした感はあったし、それらしい当たりもラミレスのくらいで、他ももう少しで追いつくような当たりだったともいえるが、どうしても先頭を四球で出したこと。これに尽きるわけで・・・。こういうことをしてると、CSや日本シリーズといったビックゲームでの先発はなくなると心得よ。がんばれ!

 こういう、あわや一方的になりそうな試合を食い止めるのは、決まって中継ぎ投手の流れを変える投球がある。
 今日の阿部は、その役を見事に果たした。グッドジョブ。
 きっと近い将来、もうワンステップ上がったところの役割を担えるはず。
 来季は先発にも名乗りを上げられるようになっているだろう。

 この阿部の好投が、打撃陣を一丸とさせた。
 新井が抜けることにより、自分がなんとかしなくてはと力みかえっていた面々が、繋ぐことを思い出した。
 4点差をひっくり返すには、内海を攻略するには、みんなで一丸となって繋ぎまくらなくては、そういう思いが湧き上がる。
 金本という主軸が打てなくとも、この試合をひっくり返した。
 その面々は、しっかり四球を選べるセッキーだし、このところ神がかり的な活躍の高橋のミッちゃんだし、2軍で汗を流し、今日の昇格を勝ち取った庄田だし、育成枠からのバルであり、桧山。矢野のベテランである。
 みんながヒーロー、そんな戦い方を見せてくれた。

 ある意味、今日の気持ちの持ち方が、新井・藤川・矢野の抜けるオリンピック期間中の戦い方の答だ。
 今日のような気持ちをみんなが持ち続けることが出来れば、オリンピック期間も恐れることはない。
 このまま走り続けるだろう。

 マジック46が点灯した。 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | - | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。