CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 0−5 対読売 マジックだけが減りました | main | 2−0 対中日 必死のパッチで >>
7−1 対中日 満塁男
 関本賢太郎(今年から健太郎改め)
 
 西に不調で2軍落ちする男あらば、代わってサードを守り。
 東に故障で戦列を離れる2番セカンドあらば、代わってよく守り、犠牲バントを決める。
 北に腰痛で苦しむファーストの主砲あらば、代わってファーストも守るし、クリーンナップもこなす。
 南に、不調で苦しむ鉄人あらば、代わってその後ろで満塁HRをも放つ。

 そんな選手に、寅吉は拍手を惜しまない。

 寅吉にMVP選定の投票権があるならば、今年タイガースがこのまま優勝したら、セッキーに1票を投じる。
 今日の満塁での川上と対峙したセッキーの凄さ。
 いつからこんな選手になったのか?
 2ストライクを簡単に取られ追い込まれた後から、セッキーの持ち味が発揮される。
 選球眼が良いから、ボール球には釣られない。
 際どい球は、ファールで逃げる。
 結局、いつの間にか2−3というカウントに川上を追い込んでいる。

 ボール球は釣られない。見逃されれば、押し出しだ。
 外角の際どいボールはカットされる。下手すると右に運ばれ、ヒットゾーンに落とされかねない。
 となれば、あとは力で押さえ込むしかない。
 力んだ1球は、シュート回転で真ん中高目からインサイドに切れ込む。
 外に構えていたセッキーが、その球にどう反応したか覚えてないという。
 無心で振りぬかれた打球は、レフトポール際まで伸び、落ちた。
 セッキー、生まれて初めてのグランドスラムだという。

 だが、これは偶然ではない。
 今年のセッキーの満塁での勝負強さ。
 それは、自身の選球眼とその短く構えたバットのミート力。
 そして、繋ぎとして生きていくと誓ったバットからは、余計な力みは感じられない。的確にミートポイントへ向けて振りぬく準備はいつでも出来ている。
 セッキーでなければ打てないホームランだった。

 しかし。今日のセッキーの姿を予測していた岡田監督の眼力にも恐れ入る。
 若かりしセッキーがファームで長打を連発している頃、2軍監督だった岡田監督は、HRを打ったセッキーに、「これはお前本来の姿と違うぞ。お前は中距離バッターやからな。勘違いするなよ。」と言っていたという。
 寅吉など、03年の日本シリーズでホークス和田から打った1発に、将来のクリーンナップとして、長距離砲を夢見てたが、それより早く岡田監督は今日のセッキーを言い当てていた。

 今日はセッキーのことだけで終わりそうだが、安藤のピッチングも忘れてはならない。グッドジョブ。そして完投ご苦労さん。
 ここにきて、対中日の相性が好転してきている。
 この流れは逃したくないよね。CSもあることだし・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。