CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 4−6 対中日 情けは人のためならず | main | 4−3 対東京ヤクルト 豪雨セーブを挙げる >>
3−4 対東京ヤクルト 恐るべしGS連合
 こういう戦い出来るチームが、なんでGにおめおめと3タテ喰らうんだろうか?
 開幕3連戦こそ、今日のような戦いぶりで3タテを食らわしスタートを切った高田燕だが、その後のGへの献身ぶりは凄すぎる。
 2勝10敗で貯金「8」を献上。
 現在対戦成績5連敗中。
 ほんとかね。

 対してタイガース戦はというと、今日で8勝7敗の勝ち越し。
 タイガースにとっては唯一の負け越しチームだ。
 タイガースと戦っているスワローズしか見てない寅吉には、SのG戦でのやられぶりが理解不能だ。
 中日・広島にも勝ち越しており、不思議と横浜とは5分。
 Gへの献身をやめさえすれば、間違いなく2位候補でCSの出場権も手に入るのに、それ以上に読売に献身しているとおいしいことがあるのだろうか?

 まぁ、そう思えるほどタイガースにとってはSは強敵。
 いつも今日のような展開で、終盤にうっちゃられることが多い。
 タイガースの打球はいい当たりが正面を突き、Sの守備も際立つファインプレーを見せる。
 中継ぎの層の厚さで凌いでくるが、ワンチャンスに足を絡められたり、機動力を駆使され、決勝打は決していい当たりでもないのに、野手のいないところに落ちたり、今日のように、久保田が触れなければゲッツーコースなのに、飛びついたグラブに当たり、打球が弱まり、ランナーの生還を許す。
 そして、これが決勝点となる。
 G戦では荒れまくってサヨナラを喰らったイムがタイガース戦では別人のごとく立ち直る。
 まったく、不思議だ。

 それにしてもタイガースがめぐりが悪いっていうか不運だね。
 平野の打球が抜けていれば、そこで決まってた試合だし。
 なんか。S戦は、たたられている。
 明日は、AS戦前のラストゲーム。
 どうか厄払いできるような試合にして欲しい。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。