CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 19−2 対横浜 大勝の陰に・・・・ | main | 1−6 対広島 矢野の穴はことのほか >>
3−6 対横浜 負けるためにやってる訳じゃないけれど
 初回にセッキーの3ランが出て、3点の援護を貰う。
 その裏に、振り逃げがあったといえ2死からだし、しっかり抑えれば無問題なんだけど、易々と1点を謙譲。
 続く回にヒットで出た野口を送れず、これも横浜が上手く守ればゲッツーになっていたところ。1塁への走塁を諦めたところがイカン。
 
 ここで野口に盗塁のサイン。
 確かに、失敗でも次の回は1番の赤星から始まる。成功すれば得点圏で赤星だ。一見良い作戦だとも思える。
 しかし、赤星は三浦に合っていなかった。
 逆に、赤星で終えて、次の回比較的三浦にあっている平野から始まる方が横浜としては嫌だったんじゃないだろうか。
 赤星でチャンスが拡大すれば、得点圏で平野という場面が出来るわけだし。

 そんな、作戦の裏目を付いて、石井琢のHRで1点差。
 瞬く間に、初回のアドバンテージを失っていった。
 こうなると、三浦はしっかり立ち直る。結局初回を入れて、8回に平野の2本目のヒットが出るまで、4安打だもの。(うち2安打は初回のものだし。)
 これは、金村が初回のリードを、1,2回で簡単に吐き出しているからに他ならない。
 三浦相手に、金村が当てにならないとなると、追加点をあせる。
 無用な早打ちが、さらなる焦りを呼ぶ。
 そうして、援護は2回からプッツリと途絶えてしまうわけだ。

 そして勝利投手の権利がかかる5回が魔のイニングとなる。
 早く金村に勝ちをつけてやりたいという親心が、逆転されるまで引っ張ることになる。
 そういう配慮がわかるだけに、余計変な力みで初球からガンガン打って出られ自滅する。
 負けるためにやってる訳じゃないんだろうけど、勝てないPは自ら負けの方へとはまって行ってしまうもんだ。

 金村は再調整が必要かも知れない。
 野口もリードが辺変に力んでいる。少し頭を冷やさんといかん。
 矢野の抜けてる期間、己の存在をアピールする機会だということは理解できるが、必要以上に力むとPに余計なプレッシャーがかかる。
 もっと鷹揚に構えてもよいと思うのだが・・・・。

 この横浜戦22得点を挙げても、1勝1敗だ。
 追う読売も1勝1敗だからよしとするところだが、三浦にやられすぎ。横浜戦の3敗はすべて三浦じゃないか。情けない。
 次の広島戦は、しっかり勝ち越しておかないと、なんか下降線に入ってしまうやな予感がする。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。